広瀬すず、芸能界は「苦手意識が残っていた」 自身がスカウトした新人俳優に胸の内語る

広瀬すず、芸能界は「苦手意識が残っていた」 自身がスカウトした新人俳優に胸の内語る

 女優・松岡茉優が主演を務め松坂桃李が共演する映画『蜜蜂と遠雷』(10月4日公開)。同作に登場する主要4人のピアニストのうち“ピアノの神様”が遺した謎の少年・風間塵を演じる新人・鈴鹿央士をスカウトしたのは、女優の広瀬すず。鈴鹿にとって初めて出演する映画公開を前に、2人の対談が実現した。



【別カット】鍵盤の前では真剣な眼差しに…鈴鹿央士演じる風間塵



 岡山県出身の鈴鹿は、広瀬が主演した映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』(2017年)にエキストラで出演。そこで、鈴鹿をスカウトしたのは広瀬自身で、そのスカウトをきっかけに鈴鹿は事務所に所属し『MEN'S NON-NO』専属モデルオーディションにてグランプリに輝く。そして、『蜜蜂と遠雷』で銀幕デビューが決まり、現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』、11月22日公開の『決算!忠臣蔵』への出演も決まった。



 広瀬は「なんて顔の小さい子がいるんだろうと。顔が小さいのが目立っていた」とスカウトした当時を振り返ると、鈴鹿は「人生が3年間で変わった。芸能界という世界に入って、たくさんの人に出会って、人との出会いを好きになれた3年間でした」と感謝を伝える。広瀬は「このお仕事は、入ってすぐに好きになれる世界ではない。私自身、最初はずっと苦手意識が残っていたので。(鈴鹿を)3年間見ていて“好き”に出会えたと言ってくれて、事務所の人に『すごいかわいい、小さい顔の子がいるんです』と言って良かったなと思いました。心配していたんです」と彼への想いを話した。



 『なつぞら』で初共演を果たした2人。広瀬は「せりふを交わすのは少ないですが、変なドキドキがありました。でも、ひょうひょうとしていました」とマイペースに見えたと話すが、鈴鹿は「とても緊張していました。リハーサルのときも違和感はありました」とお互いに緊張がある舞台だったと語る。



 そんな鈴鹿の魅力について広瀬は「見た目よりも上にも下にも見えるのは武器だと思う」とし「インタビュー中もずっと黙って、ピュアな部分もあり、楽しみです。それがお芝居にもつながっていると思いますし、このままでいてほしい」と話す。絶賛の声をもらった鈴鹿は広瀬に対し「すごく尊敬しているし、芸能界に入るきっかけになった方。なんで僕を選んだんだ? というネガティブじゃなくて、ポジティブな気持ちです」と独特な想いを明かしてくれた。



【映画あらすじ】

「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスがあり、注目を浴びている芳ケ江国際ピアノコンクール。天才たちが集結する予選会に挑む4人のピアニスト。かつて天才少女とうたわれるも母を亡くしたことがきっかけで音楽の世界から離れたが、再起をかけて舞台に戻ってきた栄伝亜夜(松岡)。妻子を持ち、社会人として働くも夢を諦めきれず、最後のチャンスとしてコンクールに挑む高島明石(松坂)。人気・実力を兼ね揃え、優勝候補筆頭のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)。亡き天才ピアニストが遺した謎の少年・風間塵(鈴鹿)たちが熱い戦いを経て、互いに刺激し合い、葛藤や成長の果てに覚醒していく4人の姿が描かれる。
カテゴリ