トップレースクイーン・林ゆめ、入浴カットで“完全究極美BODY”大胆披露

トップレースクイーン・林ゆめ、入浴カットで“完全究極美BODY”大胆披露

 レースクイーンでタレントの林ゆめ(23)が、所属するゼロイチファミリアが一冊完全ジャックしたスペシャルブック『Platinum FLASH×ゼロイチファミリア』(27日発売/光文社)に登場。類まれなクビレと美脚で“新世代クビレ女王”と称されるトップレースクイーンが、完全究極美BODYを存分に見せつけた。



【別カット】ドキッ…! 林ゆめの美ワキに急接近



 林は「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー18−19」、「日本レースクイーン大賞 2018」および同賞の「新人部門グランプリ」を獲得するなど、レースクイーン界の頂点を極めた超新星。身長168・バスト84・ウエスト53・ヒップ87センチという抜群のプロポーションとキュートなルックスでグラビアにも進出し、今年6月には『ヤングマガジン』のカバーを飾った。



 今回のグラビアは、彼女の出身地の北海道にちなみ「北海道」をテーマに撮り下ろし。ジンギスカンを頬張り、ラベンダーと横たわる姿など、セクシーさとともに随所にストーリー性を感じさせる内容となっている。もちろん、バンドゥビキニでシャワー&入浴カットや、ベッドに横たわって長く伸びた美脚を大胆に見せつけたカットも収録される。



 また、所属するゼロイチファミリアへの愛があふれているインタビューでは、来年の波瑠に芸能界から引退する先輩・川崎あやとのほほ笑ましいエピソードや、引退後の自分の事務所での立ち位置などについても語っている。



 同号にはそのほか、川崎あや、桃月なしこ、十味、黒木ひかり、青山ひかる、霜月めあ、御寺ゆき、水湊みお&本田夕歩、森嶋あんり&我妻ゆりかと総勢12人のゼロイチファミリア所属のタレントが誌面を飾った。
カテゴリ