自分で壊しちゃうのはなぜ?恋愛短命女子の特徴と改善点

自分で壊しちゃうのはなぜ?恋愛短命女子の特徴と改善点

彼氏ができてもすぐに別れてしまう……という悩みを持つ女性は意外と多いもの。


せっかく好きな人ができても、長続きしなければ本当の幸せを手に入れることはできません。


今回は、恋愛短命女子たちの特徴と改善点について、元恋愛短命女子たちから意見を聞いてみました。


彼女たちは、短所をどのように乗り越えたのでしょうか。



LINEやメールを頻繁に送りすぎている


付き合いはじめは、自然とお互いに連絡を取り合う頻度も上がるもの。しかし、度を超えた連絡の回数は、束縛だと勘違いされてしまうケースもあるようです。


「私は、彼氏ができるとついつい連絡を取りすぎてしまうタイプ。


しかし、それが原因で恋愛がなかなか長続きせず悩んだことも。彼氏と長く付き合っている友だちに相談したところ、その友だちは多くて1日2回ほど連絡を取り合うだけだと聞き、驚いたことを覚えています。


それ以来、スマホを常にチェックするのはやめました。その結果、今のカレとは付き合って2年目に突入しています」(27歳女性/営業事務)


連絡を取り過ぎてしまってフラれる……というのは、珍しくないケースです。


相手からもマメに連絡が来るタイプならいいのですが、そうではない男性とお付き合いをするときには、グッとLINEやメールを送りたい気持ちを我慢してみましょう。


いい子を演じすぎてしんどくなってしまう


彼氏が出来てすぐのころは、相手から嫌われたくない一心で少しネコをかぶった経験のある女性も多いのでは?


実は、それも恋愛を短命に終わらせてしまうひとつの要因だったのです。


「好きな人の前では、いつもいい子を演じようとしてしまう私。自分に自信がないので本当の自分を出せず、いつも勝手にしんどくなって自分から恋愛を終わらせていました。


しかし、結婚をした友だちに会ったとき、素をさらけ出し合っている彼女たち夫婦の姿を見て、素を出せない自分が運命の相手を見つけられるはずがないと気づきました。


それ以来、出来るだけ自分を普段よりもよく見せ、その結果、素の自分にも魅力を感じてもらえる男性と出会い結婚できました。」(28歳女性/歯科衛生士)


自分のことを良く見せたいのは、恋する乙女なら普通のこと。でも、やりすぎてしまうと自分で自分のことを苦しめてしまうことになります。


恋愛を楽しむ余裕がないと、長続きとは無縁に。本当の自分を好きになってくれる人を見つけるためにも、いい子を演じすぎるのはやめておきましょう。


彼氏には尽くされて当たり前と思っている


自分で壊しちゃうのはなぜ?恋愛短命女子の特徴と改善点


感謝の気持ちを伝えられない人は、恋愛も長続きしないようです。


「昔の私は、男性は女性に尽くして当然という考えの持ち主でした。今考えれば最低の考えですが、そんな私を好きになってくれる男性もいたんです。


でも恋愛が1年続いたことはなく、結婚のゴールは程遠いものでした。


ある日、当時付き合っていた男性から『ありがとうって言葉は大切だよ』と言われフラれたのをきっかけに、自分の行動を改めることに。


誰に対してもきちんと感謝の言葉を伝えるように習慣づけた結果、自然と幸せな恋愛をつかむことができました」(30歳女性/エステティシャン)


感謝の気持ちは、人と円滑なコミュニケーションを取る上で欠かせない言葉。


恋愛が短命に終わってしまう人は、実は感謝の言葉が足りていないのかもしれません。今すぐにでも行動を改めることができるので、ぜひ実践してみてください。


恋愛を長続きさせて人生のパートナーと巡り合おう


恋愛が短命に終わってしまうのには、必ずなにかしらの理由があります。


自分では何が悪いのかわからないという人は、まわりの友だちに聞いてみるのもひとつの方法。人生のパートナーと巡り合うためにも、日々の行動を見返してみましょう。


(愛カツ編集部)



カテゴリ