ジャニーズWEST桐山照史、主演舞台で柄本時生と関西弁“ロミジュリ”「ワクワクだけが募っています」

ジャニーズWEST桐山照史、主演舞台で柄本時生と関西弁“ロミジュリ”「ワクワクだけが募っています」

 人気グループ・ジャニーズWESTの桐山照史が東京・Bunkamuraシアターコクーンで来年2月8日より上演の舞台『泣くロミオと怒るジュリエット』に主演することがわかった。人気演出家・鄭義信氏が手掛ける今作はオールメール(ずべて男性キャスト)かつ、関西弁で“ロミジュリ”と“ウェストサイドストーリー”という名作を大胆に翻案した、戦後の混乱期を生きる人々の純愛群像劇。ロミオ役を桐山、ジュリエット役には俳優の柄本時生が起用された。



ジャニーズWEST・桐山照史のテレビ出演歴



 物語の舞台は関西の戦後の港町ヴェローナ。桐山が演じるのは、かつては愚連隊“モンタギュー”に所属しながらも更生し、屋台で働く真面目な青年ロミオ。そして柄本が演じるのは、田舎から都会に出てきた、心根が真っ直ぐで優しいジュリエット。この2人がこれまでにない新たな『ロミオとジュリエット』を創り上げていく。



 このほか共演は、ロミオの父親代わりで町で診療所を営むローレンスに段田安則、ジュリエットの兄ティボルトに高橋努、その内縁の妻ソフィアに八嶋智人、モンタギューの筆頭メンバー・マキューシオに元木聖也、ロミオの親友ベンヴォーリオに橋本淳、キャピレットの若頭ロベルトに岡田義徳、愚連隊に圧力をかける警部補に福田転球、巡査にみのすけ、傷痍軍人でアコーディオン奏者に朴勝哲と男性キャストが顔をそろえる。



■キャスト・スタッフコメント

・桐山照史(ジャニーズWEST)

シェイクスピア、オールメール、舞台での関西弁、シアターコクーンに鄭義信さんの作品。『泣くロミオと怒るジュリエット』は、僕にとって初めて尽くしの舞台です。何せ映画ではあのレオナルド・ディカプリオも演じた役。愛に殉じて命を捨てるなんて、エグカッコエエ! ただし、今回はジュリエット役が柄本時生さんなので、恋の顛末がどうなるものか僕自身もまだ想像できず、ワクワクだけが募っています。

鄭さんの様々なアイデアで翻案され、しかも自分がネイティブで使っている言葉で語られる『ロミジュリ』は、血肉の通ったドラマになるはず。グッとくるところはもちろん、笑える場面もしっかりありそうなので、鄭さんの世界にたっぷり浸り、作品の一部として舞台上で生きられたらと思っています。

ちなみに、時生さんとご一緒することで父・明さん、兄・佑さんに続く柄本家男性陣との共演がコンプリートになることも、うれしいポイントです。



・柄本時生

「『ロミオとジュリエット』のジュリエット役を」というお話をいただいた時は、コントのように三度訊き返してしまいました。単に女性役というだけでなく、世界的な名作のヒロインを自分が演じる。でも日頃から、「役者の仕事はできないことをすること」と思っている僕にとって、お断りする理由はありませんし、むしろこのキツさがやりがいでもある。有難いオファーをいただき、頑張らなければと素直に思っています。

 シェイクスピアは江本純子さん演出の「じゃじゃ馬馴らし」、東京乾電池で父が演出して上演を重ねる「夏の夜の夢」に出演したことがあります。どちらもかなりひねった上演で、その点では今回の鄭義信版に、むしろ近いシェイクスピア体験をしているのかも……。

 鄭さんが描くジュリエットは、見た目より内面の美しさが問われる女性なのではないでしょうか。関西弁は桐山さんに教わりながらせりふに忠実に、繰り返し語る言葉の中に演じるヒントがあると信じて作品に臨みたいと思います。



・鄭義信(作・演出)

純愛物語の王道として知られる『ロミオとジュリエット』。でも僕はその背後に、いくつか隠されたものがあると思っていました。差別や不寛容、定かな理由もなく憎悪を募らせ、互いに憎しみ合う人々。最近の、この国に蔓延する空気にも似た“イヤな感じ”を、戦後の混乱期を駆け抜けた、愚連隊の若者たちに置き換えて描いてみることにしました。

 オールメールにしたのはシェイクスピアへの敬意と、憧れの劇場シアターコクーンで長く芸術監督を務め、演劇の楽しさと先鋭的な表現を両立させた作品を創り続けた故 蜷川幸雄さんへのリスペクトから。さらに自分の得意な関西弁地域に場を設定し、関西出身の方もそうでない方も入り混じる、濃ゆい俳優さんたちにお集まりいただきました。

桐山照史さんと柄本時生さん。高すぎるハードルの二人がどんな恋に落ちるか、どうぞご期待ください!
カテゴリ