ディーン・フジオカ「シャーロック」撮影現場は、「シーンによってはカオス」

ディーン・フジオカ「シャーロック」撮影現場は、「シーンによってはカオス」

10月7日(月)21時スタート『シャーロック』初回30分拡大




左から)岩田剛典、ディーン・フジオカ、佐々木蔵之介


10月7日(月)にスタートするフジテレビ月9ドラマ『シャーロック』の制作発表が28日にお台場のフジテレビで行われ、ディーン・フジオカ、岩田剛典、佐々木蔵之介が出席した。

『シャーロック』はミステリーの名作「シャーロック・ホームズ」シリーズを原作に、現代の東京を舞台に描かれるもので、“シャーロック”にあたる誉獅子雄(ほまれ・ししお)役にディーンが、“ワトソン”にあたる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)役に岩田が扮し、そんな二人に捜査を依頼する江藤礼二(えとう・れいじ)警部には、佐々木が扮する。

登壇したディーンは「原作ではシャーロック・ホームズにあたる役なんですが、イニシャルがS・Hなので、そんなつながりもあってこの名前になっております」とニッコリ。





若宮役の岩田は「わかりやすく言うとこの役柄は、ディーンさん演じるシャーロックの助手。ディーンさんとはクランクインする前から何度もリハーサルを重ねて、いい“バディ感”が第1話から生まれたんじゃないかと思っております」と話した。





佐々木は「一言でいうなら(江藤は)最低の刑事の役」と苦笑し、「お二人に頑張っていただいて、僕はそのおこぼれをいただくという。そういう働き方をしたいと思います(笑)」と会場の笑いを誘った。





クランクインから約1ヵ月が経ったそうで、現場の雰囲気を聞かれたディーンは「もっと怒号が飛ぶ感じになるかと思ったんですけど、だいぶ和やかな現場で和気藹々とやっています。でも、シーンによってはカオスですね」と意味深コメント。というのは「カットがかかって、冷静にその場を見ると、俺ら何やってるんだろうと思う」といい、岩田も「いろんな感情が交差するシーンもありますので、第1話をぜひ見ていただきたい」と呼びかけた。

佐々木は「1ヵ月経ってるので落ち着いたような気もするんですけど、このドラマは決まったシチュエーションがないんですよ。これから若宮の家に泊まっていくんですけど、それ以外、毎回ロケで、慣れずに緊張感を楽しみながらになりそう」と話した。

とにかく見どころの多い作品だが、ディーンファンが見逃せないのがバイオリンの演奏シーン。「バイオリンは初めてなんですけど、練習に練習を重ね、そういう意味でも乞うご期待。弾く曲がインする1週間前に届いて。でも、全力で頑張りました」と振り返った。

さらにディーンは主題歌「Shelly」も担当しており、「お話をいただいた時に『お任せします』という感じだったんです。自分の中で複数曲作って、これだったらこういうはまり方をするんじゃないか、っていう自分だけのオーディションを経て提案させていただいて、その中で選んでいただいた」と明かした。





また、「本編と距離感を作りたかったので、原作にビタッとはめていくっていうよりは、我々3人のほか、ゲストも含めた人間模様をちょっと引いた目で運命の女神が見ているような曲をつくれたらいいなと思ってこんな楽曲になりました」と制作秘話を明かした。

今作の舞台となるのが東京の街ということから、お気に入りの街やスポットに話がおよぶと、佐々木は「収録で久しぶりにお台場に来たらだいぶ変わってたので、この3ヵ月お台場の様子を見たい」と。

ディーンは「この作品のお話をいただいた時に太田大プロデューサーと池袋へゴハンを食べに行ったんですけど、完全にチャイナタウンになってるエリアがあって、こういうのも東京の国際化の一面だなと思ったし、だからこそ生まれる発想や事件もあるんじゃないかなとお話させていただいたことを覚えてます」。

岩田は「和を感じる場所でいえば八芳園。先日、撮影で行かせていただいたんですけど、自然が素晴らしいですし、日本の様式美を感じました」とそれぞれのおススメを語った。





番組概要


『シャーロック』


<放送>


10月7日スタート 毎週(月)21時~21時54分
※初回30分拡大(21時~22時24分)


<出演者>


ディーン・フジオカ
岩田剛典 
 ・
佐々木蔵之介  
ほか

カテゴリ