大友花恋『Seventeen』初単独表紙 「皆様の声のおかげです」と喜び

大友花恋『Seventeen』初単独表紙 「皆様の声のおかげです」と喜び

 女優でモデルの大友花恋(19)が、10月1日発売の女性ファッション誌『Seventeen』11月号で初の単独表紙を務めることが決定した。10月に20歳の誕生日を迎えるタイミングでの初単独表紙となる。



【写真】当時13歳! ミスセブンティーンに輝いた初々しい大友花恋



 大友は「10月1日に発売されるセブンティーン11月号で、初めての単独表紙を任せていただきました! これは全て、いつも応援してくださっている皆様の声のおかげです。力不足ではないかと不安にもなりましたが、皆様の声にお応えしたくて全力で楽しみながら撮影しました」とコメント。



 「スタッフの皆様のお力も借りて、秋らしいとてもすてきな表紙にしていただいたと思います。もちろん、誌面もかわいいお洋服で溢れています。是非、たくさんの方に手にとっていただきたいと思います!」と呼びかけている。



 ミスセブンティーン2013でグランプリを受賞した大友は、2019年6月号で同誌を卒業した女優・永野芽郁やセブンティーン専属モデルで女優の横田真悠と「かれまゆめい」の愛称で読者から絶大な人気を得ており、同世代を中心に多くの支持を集めている。



 16年には若手女優の登竜門と言われる第95回全国高等学校サッカー選手権大会の第12代目応援マネージャーに就任。その後はテレビドラマ『電影少女-VIDEO GIRL AI2018-』(テレビ東京系/2018年)、「チア☆ダン」(TBS系/2018年)、「あなたの番です」(日本テレビ系)や、映画『君の膵臓をたべたい』など、数々の話題作に出演。



 19年3月にはFOD『いつか、眠りにつく日』で連続ドラマ初主演を務め、19年10月10日放送開始の木ドラ25『新米姉妹のふたりごはん』(テレビ東京系)では山田杏奈とW主演が決定し、着々とキャリアを重ねている。
カテゴリ