松岡茉優主演映画『蜜蜂と遠雷』を特集 「春と修羅」フルVer.テレビ初披露

松岡茉優主演映画『蜜蜂と遠雷』を特集 「春と修羅」フルVer.テレビ初披露

 NHK・Eテレで放送中の音楽番組『ららら♪クラシック』(毎週金曜 後9:30)。4日放送分では、映画『蜜蜂と遠雷』を特集する。主演の松岡茉優、劇中の演奏を担当したピアニスト・河村尚子がゲスト出演。クラシック番組ならではの視点で撮影裏話を聞く。さらに、河村が原作小説にも登場する劇中オリジナル曲「春と修羅」全曲をフルバージョンでテレビ初披露する。



【写真】秋篠宮紀子さまと鑑賞



 2017年に直木賞と本屋大賞を史上初めてW受賞した恩田陸氏の小説『蜜蜂と遠雷』を映画化。国際ピアノコンクールを舞台に、国内外のジュニアコンクールを制覇するも、13歳のときに母を亡くし、ピアニストになることから長らく逃げてきた元天才少女の栄伝亜夜(松岡)、社会人となり妻子を持ちながらも夢をあきらめきれず、最後のチャンスと決意してコンクールにエントリーした高島明石(松坂桃李)、音楽エリートとして超名門音楽院に在籍し、優勝候補最有力の重圧に挑むマサル・C・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)、今は亡き世界最高のピアニストが遺した謎の少年・風間塵(鈴鹿央士)ら4人のピアニストたちの挑戦、才能、運命、成長を描く。



 メインキャラクターの演奏を担当したのは、いずれも一流ピアニストたち。普段は役を意識して演奏することのない彼らは”音楽“で役柄をどう表現したのか? また「春と修羅」を作曲した藤倉大氏がテレビ電話で出演し、その誕生秘話を語る。



 収録時に松岡は「河村さんはすごく朗らかな方で壁が一切なく、本当に国際派の方だという印象です。私はずっと河村さんの映像を見て撮影に臨んでいたので、毎日会っていたぐらいの存在になっているんですけれど、実際には亜夜のピアノ演奏のレコーディングの時以来、お会いするのは本日が2度目でした。亜夜の音を提供してくださった河村さんは映画をどうご覧になったのだろうと不安だったので、河

村さんが笑顔で『映画見ました!』とおっしゃってくださった瞬間は心底ホッといたしました」とコメント。



 「春と修羅」のテレビ初放送について「原作ファンの方は、あの『春と修羅』が音として聞こえる、という喜びがあると思いますし、クラシックがお好きな方はもちろん、クラシックから遠い方も、先に曲を知ると映画がさらに楽しめるのではと思います」と、見どころを語っている。
カテゴリ