“破壊王”マイケル・ベイ、本領発揮のアクション超大作 主演はライアン・レイノルズ

“破壊王”マイケル・ベイ、本領発揮のアクション超大作 主演はライアン・レイノルズ

 映画『アルマゲドン』や「トランスフォーマー」シリーズなどで知られるマイケル・ベイが監督、主演をライアン・レイノルズ(『デッドプール』、『名探偵ピカチュウ』)が務める、Netflix オリジナル映画『6アンダーグラウンド』が、12月13日より配信開始されることが決定した。“破壊王”の異名を持つベイ監督の手腕が存分に発揮されたアクション満載の予告編や、クセモノ揃いの6人のお披露目となる場面写真や車が宙を舞う危険度MAXの劇中カットが公開された。



【動画】映画『6アンダーグラウンド』予告編



 世界随一のスキルを持ちながら、過去を消して未来を変えたいと願う、世界中から選ばれた男女6人の精鋭たち。このチームを率いるのは、ライアン・レイノルズ演じる謎のリーダー。彼らのミッションは、たとえ英雄として知られることがなくても、成し遂げた任務の成果が歴史に刻まれること。



 予告編では、クセ者揃いの6人がそれぞれのスキルをフル活用して華麗に戦う様子が描かれ、そのミッションの舞台はイタリア、アブダビなど世界を股にかけて繰り広げられていることがわかる。



 映画ファンからは“ベイヘム”(マイケル・ベイと破壊行為を意味するMayhemを合わせた造語)と呼ばれるベイ監督独特の爆発やアクションシーンも満載で、ド派手なカーチェイス、スリリングな銃撃戦、超高層ビルでのバトルシーンなど、息をつく暇もないブッ飛びアクションシーンを連続して見せることで、本編への期待を高める効果も絶大だ。



 写真では、レイノルズ演じるリーダーを筆頭とするプロフェッショナルだが謎の過去を背負う6人の姿が初公開。誰にも従わない身元不明の6人が集結して戦う理由とは? もう1枚の場面写真からは、爆破により、車がいとも簡単に宙を舞う様子が確認でき、彼らに待ち受ける危険すぎる任務を予感させる。



 共演はデイブ・フランコ、ベン・ハーディら、映画ファン注目のキャスト陣が集結。脚本は「デッドプール」シリーズのレット・リース、ポール・ワーニックが担当。本作、まったく新しいアクションヒーローが誕生する。

カテゴリ