『千と千尋の神隠し』に影響を与えた児童文学を実写映画化『小さい魔女』11・15公開

『千と千尋の神隠し』に影響を与えた児童文学を実写映画化『小さい魔女』11・15公開

 世界47ヶ国で翻訳され、60年間世界中で愛され続けている児童文学の傑作『小さい魔女』(学研プラス)を初めて実写化した映画『小さい魔女とワルプルギスの夜』が11月15日より、東京・YEBIS GARDEN CINEMAほかで全国公開される。本国ドイツでは『ハイジ アルプスの物語』を超える大ヒットとなった映画。



【動画】映画『小さい魔女とワルプルギスの夜 』予告編



 『大どろぼうホッセンプロッツ』、『小さいおばけ』など、誰もが一度は読んだことのある児童文学を生み出してきた世界的児童文学作家、オトフリート・プロイスラーの作品の中でも一番有名な『小さい魔女』。スタジオジブリ作品『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督)にも影響を与えたと言われる。



 今回の実写映画化手がけたのは『パディントン』『ハイジ アルプスの物語』などを送り出してきたスタジオカナル。半人前の“小さい魔女”と相棒であるカラス・アブラクサスの成長を描いた至極のファンタジーが、いよいよ日本に上陸する。



 吹き替え版では127歳でありながら未だに半人前の“小さい魔女”を坂本真綾、そして100年以上飛んでいないおしゃべりカラス・アブラクサスを山寺宏一が担当する。



■ストーリー



 森の奥でカラスと暮らす “小さい魔女”の夢は、魔女のお祭り“ワルプルギスの夜”に招待されること。しかし、参加できるのは大きい魔女だけ。127歳の“小さい魔女”はまだまだ半人前で、今年も招待状は届かない。



 あきらめられない“小さい魔女”は、こっそりと祭りに忍び込む。だが、喜んだのも束の間、ルンプンペルおばさんに見つかってしまった。大目玉を食らいながらも、何とか一番えらい“大きい魔女”から、来年の〈ワルプルギスの夜〉で〈良い魔女〉のテストに合格したら、踊ってもいいと約束してもらう。ただし、もし出来なければ、恐ろしい罰が待っている。



 帰宅した“小さい魔女”は、さっそく“大きい魔女”から渡された〈魔法辞典〉を開き、1年で7,892個の呪文をすべて覚えるという宿題に取りかかる。果たして、小さい魔女は無事に〈良い魔女〉になれるのか…。



(C)2017 Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Zodiac Pictures Ltd / Studiocanal Film GmbH / Frank-Markus Barwasser - All Rights Reserved

カテゴリ