べた惚れ確定!デート中に言われたいセリフ3つ

べた惚れ確定!デート中に言われたいセリフ3つ

彼がデートのなかで、彼女から言われたいセリフってどんなものでしょう?


彼女のいる男性に取材してみると、多くの男性が同じようなセリフをあげてくれました。


ところが取材を重ねていくと、「ただそのセリフを言えばいいわけではない」ということがわかってきたのです。


男性は、そのセリフのどんなところにときめいたのか、徹底分析してみました!



「うれしい!」「楽しい!」


「彼女との初デートのときに、少し奮発して高級なレストランを予約。

帰りぎわに『私のために、予約してくれたことがうれしい』とささやかれて、一気に好き度がアップしました」(36歳 / 医療関係)


「彼女の好きなアーティストのライブに行ったときのこと。

『〇〇くんと一緒だったから、今までで一番楽しかった』と言われて、キュンとした」(32歳 / 営業)


素直な感想を口にされると、うれしくなるのはわかりますよね。


でも、それは「料理が美味しいから」や「ライブが楽しいから」生まれた気持ちではなく、「あなたのおかげ」で生まれたものだと伝えてみては?


きっともっと彼の心に響きます。


「もっと一緒にいたいな……」


「彼女が俺の部屋に遊びに来たとき。

俺がトイレに入ってると、彼女がうちの猫に『もっと一緒にいたいよねぇー……』って話しかけてるのが聞こえてきた。

可愛すぎて本気で結婚を決意した瞬間でした」(33歳 / 広告代理店)


「もっと一緒にいたい」は、もはやありふれたセリフですよね。


そんなセリフが彼に響いたのは、「まだ一緒にいたいくらい好き」という本音が伝わったからかもしれません。


うっかり聞こえたような演出をする必要はありませんが、このセリフを使うときは、「だからどうにかして」というニュアンスを含まず、伝えてみてはいかがでしょう?


「ちゅーしたくなっちゃった」


「ドライブデートで休憩中。

彼女がキョロキョロして、周りを確認してから『ちゅーしたくなっちゃった……』と言ったのが、かわいかった。

普段そういう性的なことを言わない子だから、そんなアイツがってことはよっぽどなんだな! とうれしかった。」(33歳 / 営業)


普段はあまり積極的に言わない彼女が、我慢できずにもらしたセリフともなれば、男性もドキドキしてしまうものです。


TPOをわきまえずに乱用するのはNGですが、「キスしたい」という気持ち自体は悪いことではありません。


思い切って言ってみてはいかがでしょう?


おわりに


ありふれたセリフでも、ある条件が整えば、彼の心にしっかりと響きます。


その「条件」とは、あなたの本音であることです。


逆に言えば、あなたの素直な気持ちを、セリフに乗せて伝えるだけでいいということ。


照れながらでも、上手く言えなくても、あなたの本音であれば、きっと彼の心に届くはずですよ。


(矢島 みさえ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ