スイッチON!男性を恋愛モードにするLINEフレーズ

スイッチON!男性を恋愛モードにするLINEフレーズ

なかなか恋に進展がなくて、悩んでいる女性も多いはず。


デートを重ねることで恋が進展することもありますが、何気ないLINEのやり取りでも男性の恋愛モードをスイッチオンにできることがあります。


男性はどんなフレーズに恋愛モードが高まるのか、実際のエピソードをご紹介します!



「優しいよね」


「普通にLINEで会話してる最中に優しいよねって送られてくるとドキッとしますね。もしかして俺のこと好きなのかなって思っちゃって、恋愛モードがスイッチオンになる」(24歳/美容師)


「優しいよね」というフレーズは、相手に興味や好意を持っているように感じさせることもあります。


それをきっかけに女性のことが気になり始め、恋愛モードがスイッチオン!


ただし、頻繁に送るのではなく、デートの後や久しぶりのLINEなど「ここぞ」というタイミングで送って、男性をドキッとさせましょう!


「○○に行きたいな~」


「俺が前に話したことのあるお店に行ってみたいな~とか言われると恋愛モードスイッチオンですね。俺の話をよく聞いててくれた嬉しさと、趣味が合うのかなって妄想で好きになりそう。別に一緒に行こうって誘われたわけじゃないのに誘いたい~!」(28歳/製造業)


一緒にどこかに行こう!と男性を誘うと、狙われている雰囲気がプンプン。


ガッツリ恋愛アピールしてしまうことで、男性は重く感じて引いてしまうこともあります。


男性の恋愛モードをオンにするには「○○に行ってみたいんだよね」と、遠回しに送るのがおすすめ。


男性の趣味に合ったお店や、行ってみたいと言っていた場所など、男性の好みに合わせた場所を提案することで、男性の気分も高まるはずです。


男性から誘いがあれば、恋愛モードがスイッチオンになっている可能性大♡


「そういうの好きかも」


「ファッションに多少こだわりがあってその話をしてたときに、女の子から『そういうの好きかも』って言われて、急に気になり始めたことあります。俺のこと好きって言われたみたいで、ドキっとしましたね」(27歳/アパレル企業)


「好き」というフレーズは、男性をドキドキさせる魔法のフレーズ。告白ではなく、男性の趣味やこだわりなどに対して「好きかも」というフレーズを使うのが、わざとらしくならないポイント。


男性に「今のはどういう意味だったんだろう?」と気にしてもらうことで、恋愛モードがスイッチオンになることもあります。


告白LINEにならないように、好きの後には「かも」をつけて送るのが重要です!


LINEで恋を進展させよう!


はっきりとした言葉ではなく、ちょっぴりあやふやな表現にして、自分のことを気にさせるLINEを送るのが、男性の恋愛モードをスイッチオンにするコツです。


男性の長所や趣味などをじっくり研究して、恋愛気分を高めるLINEを送ることで、恋を進展させていってくださいね♡


(愛カツ編集部)



カテゴリ