勝村政信主演『ドクターY』初の地上波2Hスペシャル、14.0%

勝村政信主演『ドクターY』初の地上波2Hスペシャル、14.0%

 6日にテレビ朝日系で放送された『ドクターY~外科医・加地秀樹~』(後9:00~11:05)の番組平均視聴率が14.0%だったことがわかった。分単位の最高視聴率は16.0%(後10:50、11:00)だった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。加地秀樹役の勝村政信が主演し、大門未知子役の米倉涼子、神原晶役の岸部一徳、蛭間医院役の西田敏行らも特別出演して盛り上げた。



【写真】なんだかんだ仲良しな3人?



 『ドクターY』は、大人気シリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の登場人物の一人で、群れを好み、金を愛し、腹腔鏡のスキルと要領の良さだけを武器に突き進む外科医・加地秀樹が主役のスピンオフシリーズ。“腹腔鏡の魔術師”と言われるほど腕はいいが、人としては何だか残念な…もとい、非常に人間らしい加地を主人公にし、配信ドラマとしてスタートした。



 今回、第4弾にして初の地上波ゴールデン帯に進出。加地の知られざる過去が明らかになり、7年前に行われたある手術のミスや“隠し子”疑惑に翻弄されるストーリー。片岡愛之助、石田ひかり、倉科カナらが出演した。加地ファンはもとより、『ドクターX』ファンも、そしてシリーズ初見の人も楽しめる物語となっていた。



 2年ぶりに復活する『ドクターX』第6シリーズの放送開始に向け、ファンの期待の大きさ、安定した人気の高さを証明した。
カテゴリ