椎名桔平、カタルーニャ語で舞台あいさつ「楽しんでください!」 観客からは大歓声

椎名桔平、カタルーニャ語で舞台あいさつ「楽しんでください!」 観客からは大歓声

 俳優・椎名桔平が主演する、Netflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』(10月11日~配信)が、スペインで開催された『シッチェス・カタロニア国際映画祭2019』ニュー・ビジョンズ部門への正式出品され、6日(日本時間7日)からのワールドプレミア上映舞台あいさつに椎名とプロデューサー武藤大司氏が登壇した。



【写真】赤のジャケットを羽織り、国際映画祭に登壇した椎名桔平



 同作は、『自殺サークル』、『愛のむきだし』、『ヒミズ』など、数々の 衝撃作で世界中の映画ファンを魅了してきた、日本を代表する園子温氏が監督を務め、『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』と同様に実際の事件からインスパイアされた、狂気と愛憎が渦巻く戦慄のサスペンス・スリラーとなる。



 初期の『自転車吐息』(1990)から『愛のむきだし』(08)、『冷たい熱帯魚』(11)など数多くの作品が海外の映画祭で熱狂を呼び、シッチェス国際映画祭2015では、それまでの貢献を讃えられ「タイムマシーン賞」を受賞している園子温監督作品ということですでに上映前から、集まった350人の観客からの期待で熱気に包まれた。



 上映前の舞台あいさつに、主演の椎名と武藤プロデューサーが登場すると、会場からは大きな拍手が送られた。ヨーロッパで開催される映画祭に初参加となる椎名は開催地の公用語であるカタルーニャ語で「みなさんこんばんは! みなさん元気ですか? 僕は元気です。きょうは楽しんでください!」と、あいさつすると、観客席は大盛り上がり。



 続いて武藤プロデューサーが「残念ながら私は園子温監督ではありません。監督も大変、この映画祭に来たいという気持ちがあったのですが、新作映画の制作で欠席となりました」と冗談を交えながら監督の不在の理由を伝えた。上映中には、これまでの園監督作品を彷彿とさせるシチュエーションと、園監督ならではのユーモアとバイオレンスに溢れたシーンに拍手や笑いが起き、世界の園子温ファンからは配信を待ち望む声が聞こえた。



 世界中で蔓延している事件の被害者の姿、そして、彼らが加害者に転じてしまう人間社会の恐ろしさと闇を炙(あぶ)り出す、園監督ならではのユーモアとバイオレンスで突き進む『愛なき森で叫べ』は、10月11日からNetflixオリジナル映画として全世界190か国へ配信予定。
カテゴリ