ディーン×岩田剛典『シャーロック』初回12.8% “月9”6期連続2桁達成

ディーン×岩田剛典『シャーロック』初回12.8% “月9”6期連続2桁達成

 俳優のディーン・フジオカが主演するフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』(初回30分拡大、毎週月曜 後9:00)第1話が7日に放送され、初回平均視聴率が12.8%だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。月9ドラマの2ケタ発進は6期連続となった。



【写真】同ドラマで医師役に挑戦…岩田剛典の白衣&メガネビジュアル



 同ドラマは世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』シリーズを原作に、現代の東京を舞台に映像化。原作上“シャーロック・ホームズ”にあたる誉獅子雄役のディーンと、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一役の岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)がバディを組んで数々の難事件を解決していく。



 “月9”枠の初回平均視聴率としては沢村一樹主演『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(2018年7月期)10.6%、織田裕二主演『SUITS/スーツ』(18年10月期)14.2%、錦戸亮主演『トレース~科捜研の男~』(19年1月期)12.3%、窪田正孝主演『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(19年4月期)が12.7%、そして7月期に放送された上野樹里主演『監察医 朝顔』は13.7%と好調が続いている。



 第1話では都内のとある病院で、一人の勤務医が屋上から謎の転落死事件が発生する。死亡したのは、消化器内科医の赤羽栄光(中尾明慶)。第一発見者の看護師・水野麻里(松井玲奈)が、赤羽の助けを求める声を聞いていたことで、何者かに突き落とされたことが疑われる。警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)たちは病院関係者を集めて事情聴取を始めた。



 通報者で警備員の石井太(木下ほうか)が、やはり赤羽の声を聞いて現場に駆けつけたと話すと、突然、白衣を着た男が「嘘つけ!」とさえぎる。男は、麻里と石井の発言の矛盾点を次々と指摘して論破していき、周囲はあ然。この男こそが、獅子雄だった。そして、獅子雄は、その視界の隅に、ある一人の男を捉える。遠巻きに様子を伺っていたのは、精神科医の若宮潤一。その不審な動きを、獅子雄はしっかりとマークするのだった。
カテゴリ