『カラダWEEK』キャプテンに上田晋也 マネージャーはチョコプラ&橋本環奈

『カラダWEEK』キャプテンに上田晋也 マネージャーはチョコプラ&橋本環奈

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也が、11月4日から10日まで行われる日本テレビ系のキャンペーン『カラダWEEK』のキャプテンに就任。マネージャーはチョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)と橋本環奈が務める。



【写真9枚】振り幅がすごすぎる橋本環奈、”笑顔全開イナバウアー”から”ファスナーおろして色気全開の美ボディカット”まで



 同キャンペーンは「ニッポンを元気に! 健康に!」を合言葉にスタートし、今年で5回目。今年のテーマは、「すごいよ!カラダって」で、期間中、同局系の番組では、健康・美容・食生活・運動・医療などのさまざまな切り口で、カラダをテーマにした企画を放送し、視聴者がカラダを見直すきっかけを作ることを目指す。



 「カラダ」の健康を保つ上で基本となるのが「歩く」こと。そこで今年の「カラダWEEK」では、日本中が参加できる大ウォーキング企画「億WALK」を実施し「1週間、日本全国で何億歩歩けるのか?」という壮大なチャレンジを行う。参加者の歩数をアプリで計測し、集計。その合計歩数はHPなどでリアルタイムに公開する。「100億歩」を目標に据えている。



 また、チョコレートプラネットの大人気ネタ「TT兄弟」をベースにしたオリジナル体操「TT体操」も完成。さまざまな「T」の動きを取り入れたカラダのいろんな部分に効くフィットネス体操で、ティップネスが体操を監修し、音楽プロデューサーのヒャダインが作曲に参加。掛け合いのネタは、チョコプラの2人が書き下ろした。



<出演者コメント>



■上田晋也

──カラダWEEKも、今年で5年目になりますが。

ありがとうございます。健康を考える1週間として今年で5年目になりますが、40を過ぎると意識しておかないとすべてが衰える、視力が落ちたり腰が痛くなったり、もう細胞レベルで衰えを感じるので、俺の場合はカラダWEEKではなくて、カラダ「YEAR」。一年中ずっと気にしてないと(笑)。今年は、チョコプラの2人が「TT体操」というものを作ってくれて、お子さんから大人までできる簡単な体操なので、体を考えるきっかけになればいいですね。





■チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)

──カラダWEEKのマネージャーに就任された意気込みは?

24時間テレビを走ったのと同じ価値だと思っています(笑)。

──普段、健康に気をつけていることは?

(長田)ヨーグルトや乳酸菌飲料など「腸活」を意識しています(笑)。

(松尾)IKKOさんになることが多いので、足がきれいに見えるように、電車に乗るときには「つま先だちして、ふくらはぎを伸ばす」ようにしています。

──オリジナルの体操、「TT体操」を作られたそうですが?

ヒャダインさんに作曲に参加していただいて、やみつきになるリズムの体操ができました。仕事ばかりしていたらカラダを動かすことを忘れちゃうって人も多いと思いますので、これをきっかけに「動いたら楽しいな」と感じてもらいながら、お子さんがいたらお子さんと一緒に、家族でやっていただけるとうれしいです。





■橋本環奈

──カラダWEEKのマネージャーに就任された意気込みは?

カラダWEEKのことは良く知っていましたし、キャンペーンも拝見していたので、そのマネージャーを務めさせていただくと聞いた時は、びっくりしましたし、うれしく思いました。私自身は、運動は週に2回くらいジムに通っている程度なんですが、やはり運動をした方が健康でいられるし、心も気持ちよくなるので、普段、健康に気を使っている人もいない人も、カラダ WEEKが「カラダを動かしてみようかな」という、きっかけになればと願います。



──今年のテーマは、『すごいよ!カラダって』ということですが、ご自身で「カラダってすごい!」と感じられたエピソードはありますか?

私は、あまり風邪をひいたり病気になったりしない方で、周りからはタフだねって言われます(笑)。1年に何度か目の周りが赤く腫れてものもらいのようなデキモノができるんですけど、免疫力が高いのか、大きく腫れていても撮影の休憩中3時間で治ったりするんです、我ながらカラダってすごいなと思います(笑)。
カテゴリ