古川雄輝、第1子女児誕生を報告「これからも俳優として精進して参ります」

古川雄輝、第1子女児誕生を報告「これからも俳優として精進して参ります」

 今年6月に4歳年上の一般女性と結婚し、同時に“パパ”になることを発表していた俳優の古川雄輝(31)に第1子となる女児が誕生した。11日に所属事務所および自身のツイッターを通じて報告した。



【写真】古川雄輝、濱田龍臣&板垣瑞生と“イケメン”3ショット



 古川は「ファンの皆様へ この度、無事に長女が誕生した事をご報告させて頂きます。お陰様で母子ともに健康です」と伝え「支えて下さった皆様、温かく見守って下さったファンの皆様に心より感謝申し上げます。これからも俳優として精進して参りますので、応援宜しくお願い致します」と決意を新たにしている。



 古川は1987年東京都生まれ。7歳でカナダに移り、中学卒業と共に単身アメリカ・NYへ渡る。慶應義塾大学に入学後、2009年『ミスター慶應コンテスト』でグランプリ、2010年『キャンパスターH★50』にて審査委員特別賞を受賞し、同年に俳優デビューした。フジテレビ系ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』、映画『曇天に笑う』など多くの作品に出演している。



 7月には主演舞台『神の子どもたちはみな踊る after the quake』プレスコール&囲み取材に出席し「結婚もしましたので、身を引き締めて頑張りたいと思います!」と笑顔を見せていた。



 なお、所属事務所によると、誕生した日時、場所、名前などの詳細は公表しない。
カテゴリ