好きな人に「やっぱりお前が一番」と思ってもらうには?

好きな人に「やっぱりお前が一番」と思ってもらうには?

付き合っていると、良くも悪くも相手のことがわかってきますよね。


付き合ったぶんだけ、相手のことを知れるのはいいことですが、関係がマンネリ化したり、相手に嫌気が差したりすることもあるのではないでしょうか。


それでも、やっぱり相手のことが大好き――。そう思えたとき、相手との関係は本物なのでしょう。


今回は、相手にも「この人と付き合えてよかった」「やっぱりこの人が一番だな」と思ってもらうために、意識したい心掛けを挙げてみました。



1.相手を敬う


多くの人は、相手が好きだからこそ「付き合っている」のだと思います。


相手を好きでいるということはつまり、「相手の幸せを願う」こととも言えますよね。


付き合っていると、自分の思うような付き合いができなかったり、相手に幻滅してしまうこともあるでしょう。


それでも、相手のことが好きなら、最終的には何があっても、相手の味方になってあげたいもの。


相手のことを卑下し批難するのではなく、相手の背中を後押しできる、そんな存在になってあげたいものです。


好きになったからには、相手の良さや尊敬できる部分が必ずあるはず。


ぜひその見方を忘れず、相手のいい部分を見て、また見つけてあげられる自分になりましょう。


相手を尊敬できる気持ちなくして、相手のことを好きでい続けることは難しいと思います。


逆にそれができたとき、お互いに相手以上に心強い味方はいないと、心から思えるのではないでしょうか。


2.相手を尊重する


好きな人に「やっぱりお前が一番」と思ってもらうには?


日ごろから好きな人の話を「うんうん」と、受け入れて聞いてあげられていますか?


「やっぱりお前が一番」と思ってもらうためには、お互いになんでも話ができる間柄になる必要があると思います。


お互いになんでも言い合える関係――。そうした関係は、ありそうでなかなかないもの……。


自分の意見や思ったことを言うことも大事ですが、それと同時に、相手の話もしっかりと聞ける自分になりましょう。


相手の気持ちを尊重できるようになると、相手はあなたの存在に癒しを感じるようになるでしょう。


自分の味方である意識も高まって、だんだんと心も開いてくれるはずです。


おわりに


付き合っていれば、ふたりの関係も、お互いの身にも、いろいろなことがあると思います。


そうしたなかでも、「やっぱりお前が一番」という存在になるからには、自分の存在が相手にとって、それだけ大きなものになる必要があるでしょう。


特別な存在感、最大の味方になるためにも、こうしたポイントは、見失わないでいたいですね。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ