冬の仮面ライダー映画『令ジェネ』前売券プレゼントは暴走ヒーロー!?

冬の仮面ライダー映画『令ジェネ』前売券プレゼントは暴走ヒーロー!?

 「仮面ライダーゼロワン」と「仮面ライダージオウ」の新作映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』(12月21日公開)のプレゼント付前売券が、11月23日から発売される。プレゼントは「仮面ライダーの到来だー! ダブルダッシュヒーロー」仮面ライダーゼロワンver./仮面ライダージオウver.の全2種類。さらに、前売券購入者限定で公式動画配信サービス「MIRAIL」(ミレール)で人気作品のレンタル視聴のプレゼントも決定した。



【写真】「ダブルダッシュヒーロー」の見本



 毎年好評のプレゼント付前売券。ダジャレはさておき、「ダブルダッシュヒーロー」は、その名の通り、バイクに乗った仮面ライダーゼロワン/仮面ライダージオウが手元の操作(後ろに引いて手を離す)でダッシュ力を発揮し大爆走(!?)。速さを競い合うもよし、走行距離を競い合うもよし、誰でも簡単に遊ぶことができる。令和と平成のヒーローの止まらない勢いと力強いパワーを体感しよう。



 劇場で前売券を購入すると2種類のうちどちらか1つをプレゼント。全国合計各2万5000個の限定品。前売券料金は、大人1400円、小人(3歳以上)900円(いずれも税込)。



 さらに、プレミア特典付前売券の発売も決定。11月23日より劇場窓口にて発売開始(一部劇場を除く)。プレミア特典は後日発表される。



 今回の映画は、歴代平成仮面ライダーの力を駆使し、過去・現在・未来と時間移動を繰り返し、先の読めないストーリーで話題を呼んだ『仮面ライダージオウ』と、現在、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーゼロワン』(毎週日曜 前9:00)、2つの世界が交差。ゼロワン誕生の物語と、ジオウが選ぶ本当の終幕が描かれる。



 テレビシリーズでもおなじみの飛電インテリジェンスの面々の出演も決定。副社長秘書で、秘書型AIアシスタントのヒューマギア、シェスタ役の成田愛純。専務取締役の山下三造役の佐伯新。副社長で万年2位の人生を歩む男、福添准役の児嶋一哉。主人公・飛電或人(高橋文哉)の祖父にあたり、或人にゼロワンドライバーを託した、前・代表取締役社長の飛電是之助役の西岡徳馬の4人。飛電インテリジェンスの歴史、ゼロワン誕生の秘密に関係する彼らが、テレビから飛び出して、スクリーンでも大活躍する。



 「MIRAIL」でのレンタル視聴プレゼントは、以下の5作品の中から1作品。ムビチケ前売券(カード券/プレゼント付前売券/プレミア特典付前売券/オンライン券/各種コンビニ券)の購入者が対象。



(1)『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』(2009年)

(2)『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』(11年)

(3)『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』(13年)

(4)『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』(15年)

(5)『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』(17年)
カテゴリ