長野博、アツすぎる“焼き肉愛”で石橋貴明を圧倒 紹介店に直接交渉&黒毛和牛を自腹調達

長野博、アツすぎる“焼き肉愛”で石橋貴明を圧倒 紹介店に直接交渉&黒毛和牛を自腹調達

 人気グループ・V6の長野博が14日に放送されるフジテレビ系『石橋貴明のたいむとんねる』(後11:15)に初登場。同番組では、言われてみれば気になるコト、明日ついつい通ぶって人に言いたくなるコトを深掘りし、勝手な持論を展開。今回は『タカさん、こんな焼肉いかがですか?』をテーマに、これまで食べ歩いたお店は1万5千軒を超えるという芸能界屈指の食の探求者・長野が、石橋に食べてもらいたい“うますぎる焼肉”を紹介。すべて長野自身が店と直接交渉した珠玉の名店や逸品が続々登場し、石橋を圧倒させる。



【写真】長野の焼き肉愛に大久保佳代子&石橋貴明もびっくり



 ディレクターとの事前打ち合わせでは、途中で店との電話交渉をその場で即座に対応し、その後も何度も電話での打ち合わせを経て、収録を迎えた長野。「グルメなタカさんが喜ぶようなものを考えました」と自信たっぷりで、番組冒頭から焼肉について熱く語りだすと、同じく焼肉が大好きというゲスト・大久保佳代子(オアシズ)を「業者の方ですか?」と驚かせる。



 最初のテーマ『タレ』では、タレにこだわっている西麻布の名店が登場。牛肉の部位や、その日のお客さんの様子を見て4種類のタレをブレンドし、味を変えているのだという。スタジオには、1メートルほどはあるブロックの牛肉が現れ、店主に部位ごと牛肉に切り分けてもらいつつ、その場でタレをブレンドしてもらうことに。お店のタレの味や、今回用意した牛肉について丁寧に説明する長野に、店主の込山さんも「今日はなにも説明する必要ないな」と感心していた。



 さらに、石橋を驚かせるためにスタジオには取り寄せた超貴重な牛肉が。牧草を餌とし、放牧で育てた黒毛和牛なのだが、通常は放牧で育てることはほとんどないため、市場には出回らないのだという。プライベートで牧場に訪れることもあるという長野は、自ら直接交渉、なんと自腹で用意。そのこだわり牛肉を長野自身が焼き、自宅から持参した“マイ塩”と共に実食。実はこちらも市場には出回らない加工途中の自然塩で、ミネラル豊富で優しい塩味がこの貴重な牛肉の味を最大限に引き出すという。止まらない長野の“肉うんちく”に、石橋は「今日は覚えることがたくさんあるなぁ」とうなっていた。



 この他にも、珍しいメニューが食べられる焼肉の名店や、テレビ取材完全NGだった名店の究極の逸品が、長野の直接交渉によってスタジオに登場。あまりの美味しさに石橋は悶絶し、大久保も「長野パワー恐るべし!」と驚きを隠せない。収録では終始、長野による熱いプレゼンが続いていた。
カテゴリ