『好きなスポーツ選手ランキング』大谷翔平がV2、池江璃花子が初首位

『好きなスポーツ選手ランキング』大谷翔平がV2、池江璃花子が初首位

 10月14日は体育の日。今年は現在開催中のラグビーW杯や来年に開催を控える東京五輪など、日本中のスポーツ熱が高まっている。次代のアスリートたちの活躍に注目が集まる中、ORICON NEWSでは12回目を迎えた『好きなスポーツ選手ランキング2019』を男女別で発表。現役アスリートを対象とし、同ランキング「男性部門」1位は昨年に続き、プロ野球の【大谷翔平】選手がV2を達成。「女性部門」では、白血病と戦う競泳の【池江璃花子】選手が初首位に輝いた。



【男女別TOP10】東京五輪のメダル候補アスリートが多数ランクイン!



■来季の二刀流復活が期待される大谷翔平がV2「世界に誇れる数少ない人間」



 男性部門で昨年の初首位に続き、V2を達成したのは【大谷翔平】選手。ロサンゼルス・エンゼルスに所属し、投手と打者を両立する異例の“二刀流”で活躍。2019年にはMLBにおいて日本人初のサイクルヒットを達成した。



 世界で通用するプレーを評価する声が多数寄せられ、「こんな選手は二度と現れないのではないかと思うので。どこまでやれるのかと夢を見させてくれる」(岐阜県/30代・男性)、「スポーツに真摯に取り組む姿勢が素晴らしいと思うし、スター選手なのに驕った感じもなく謙虚な姿勢に共感を思えるから」(北海道/40代・男性)と絶賛された。



 9月中旬、ロサンゼルスで左膝蓋骨の手術を無事終了。「ケガにめげず、きっちりと仕事をしながら、野球を楽しんでいるから」(神奈川県/50代・女性)、「ケガが完治して復活なるか」(埼玉県/40代・男性)と、来季の復活を楽しみにしている野球ファンからのコメントも多かった。成績を残しながら楽しそうに野球に取り組む姿、愛嬌のあるルックスが世界から愛されている。



■世界中から送られるエール 闘病中の池江璃花子選手が初首位



 今年2月に白血病を罹っていることを公表した【池江璃花子】選手。現在は闘病中ながら、プライベートの姿をSNSでアップしており、インスタ等には国内外含め、たくさんのエールが届いている。公式HPでは、池江選手本人や、家族からのメッセージを定期的に公開。懸命に治療に取り組む姿が綴られ、多くのファンから激励の言葉が届いている。



ランキングでは昨年の2位からランクアップ。「病気のことなどもあり治してまた好きな水泳をしている姿が見たいから」(東京都/20代・男性)と、コメントにも復帰を熱望するものが多くみられた。「今は白血病と戦っているけど間違いなく世界女子No.1のスイマーだと思う」(岡山県/50代・男性)と、世界水準の記録を残している池江選手を称えるファンの声も。



 同じ女性からも「メダルを大いに期待される中、病に悩まされてすごく辛いはずなのに、沢山笑顔を振りまいていて、まだまだ伸びしろのある選手だと思うので」(奈良県/20代・女性)、「できれば病気を克服して、活躍してほしいが、焦りは禁物かもしれない。期待したいが長い目で応援したい」(奈良県/50代・女性)とエールが送られた。



■東京五輪メダル候補続々 現役、復帰、若手有望選手などランクイン



 「男性部門」にはフィギュアスケートの【羽生結弦】選手が2位、テニスの【錦織圭】選手が3位とランキング常連の名前が並んだ。羽生選手には「アニメの美少年のようなのに、中身も強く謙虚に国を背負っている」(神奈川県/40代・女性)、錦織選手には「日本男子テニス界の希望だと思います」(東京都/20代・女性)と女性ファンによる支持も集まった。



 「女性部門」は昨年1位の【大坂なおみ】選手が2位に。7日に発表された女子テニスの最新世界ランキングでは、3位にランクイン。27日に開幕するWTAツアー最終戦での結果にも注目が集まっている。そんな彼女には「テニスコートの上では、とても機敏でカッコいい。でもプライベートでは、とてもキュートで 応援するしかない!」(大阪府/50代・女性)ツイッター等で見せるチャーミングさも人気の理由になっているようだ。



 TOP10を見てみると男女ともに、初登場の選手が目立つ。「男性部門」4位には、バドミントン男子シングルス世界王者の【桃田賢斗】選手が、初登場でTOP5入り。2016年に不祥事を起こし無期限出場停止処分となったが、2017年5月に復帰。今年8月の世界選手権では連覇を果たし、9月も中国オープン、韓国オープンとワールドツアーを2週連続で優勝し、実績を積み上げている。「ドン底から這い上がってきてるから、報われてもいいと思う」(大阪府/40代・男性)と評価の声が寄せられた。



 「女性部門」は4名が初ランクインを果たした。柔道の【阿部詩】選手は、52kg級世界女王。初出場の2018世界選手権で世界チャンピオンに輝き、兄・一二三選手と史上初の兄妹同時優勝を達成した。「兄貴と一緒に東京オリンピックで金メダルを取って欲しい」(大分県/50代・男性)と、メダル獲得を期待する声が高まっている。



 男女ともに日本を背負い、世界規模で活躍する逸材が顔をそろえた今回のランキング。来年の東京五輪という大一番で、ランクインした選手たちがメダルを獲得していくれることを期待したい。



【調査概要】

調査時期:2019年9月17日(火)~9月23日(月)

調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)

調査地域:全国

調査方法:インターネット調査

調査機関:オリコン・モニターリサーチ
カテゴリ