YOSHIKI、着物×進撃の巨人は「挑戦だった」 『YOSHIKIMONO』新作をお披露目

YOSHIKI、着物×進撃の巨人は「挑戦だった」 『YOSHIKIMONO』新作をお披露目

 ロックバンド・X JAPANのリーダー、YOSHIKIがプロデュースする着物ブランド『YOSHIKIMONO』が14日、東京・渋谷ヒカリエで行われた『Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 Spring/Summer』のオープニングステージを飾った。



【写真】トップモデルがランウェイを彩る



 コレクションでは、31の新作を発表。レーザーによる光の演出とともに、『進撃の巨人』のアニメが大きく描かれた着物や、2011年にスタン・リー氏と共に制作された、YOSHIKIがモデルのマーベル・コミック『Blood Red Dragon』が全面にあしらわれた着物など、美しい新作が勢ぞろい。



 その着物をまといYumi Lambertや福士リナら国境を越え各国から集まった総勢31人のモデルたち艶やかにランウェイを彩り、客席には蜷川実花、紀里谷和明、神田うの、沢尻エリカ、宇野実彩子(AAA)らの姿がみられるなど、『YOSHIKIMONO』の注目度の高さをうかがわせた。



 見事にオープニングの大役を務めたYOSHIKIは「何かを考えさせられるショーをしたいと思った」と語り、「今回のアニメーションを使った着物作品は挑戦だった。ロックでもクラシックでもファッションでも、なんらかの刺激をもって帰ってもらいたい。いつも着物の産業を広げたいと思っているし、きょうは自分も感激したショーになった。まだファッション業界では新米ですが、皆さんにアドバイスをいただきながら、これからも挑戦していきたい」と手応えをにじませていた。
カテゴリ