甘いセリフに注意!「いいこと言ってる風」だけどヤバイ男の実態

甘いセリフに注意!「いいこと言ってる風」だけどヤバイ男の実態

ナチュラルに甘い言葉を囁いてくれる男性に弱い女子も多いのでは?


でも、中には「いいことを言っている風だけど、やばい性格がにじみ出ている」男性もいるんです。


女子が喜ぶ甘いセリフが、ヤバイ男のサインだとしたら……?



「運命の人だと思う」


「合コンでちょっと話しただけなのに、なぜか私の連絡先を調べ上げ、デートに誘ってきた男性。

誰が教えたの?と思いつつ、一応はデートしてみることに。


会ってみると、悪い人ではないけど……とにかく『好き』『結婚も考えてる』『運命の人だと思う』と、とにかく甘いセリフを惜しげなく言う感じ。


好きな人なら嬉しいけど、ほぼ初対面だとキモいだけですね。

告白を断った後もしばらく粘着されたし、最初から一人で盛り上がってる人ってやっぱり怖い」(27歳・女性)


ほぼ初対面の男性に一目惚れされ、熱烈に口説かれる……。


少女マンガではよくあるシチュエーションですが、リアルにこれをやるのは自分のことだけ考えて突っ走るやばい男性であることも。


一方的に連絡先を調べあげたり、相手の戸惑いを無視して気持ちをぶつけるのは、自分のことしか考えていない男性のすること。


このケースのようによく知らない人に運命を語られたら「別れる運命の人でしょ』と返してOKです!


「何も話さず、一緒にいても落ち着く関係になりたい」


「マッチングアプリで知り合った男性とデートしましたが、とにかくつまらない!


ほとんど何も話さないし、こちらから話を振っても『いいんじゃない?』と言うだけ。


これは付き合うのは無理だな……と思っていたら、まさかの告白。

『何も話さず、一緒にいても落ち着く関係の彼女が欲しい。君ならできる」と言われましたが無理!ただの手抜きですよね」(32歳・女性)


一緒にいるだけで幸せで、別のことをしていても、会話のない時間があっても心地よい関係というのは確かにあります。でも、それは話すべきところは話し、お互い正直に接していく中で二人で作り上げた関係のはず。


最初から「黙っている自分を気分良くさせろ」というのは、土台から勘違いしていると言えます。


関係を築く努力もせず、恋愛の美味しいところだけ取ろうとする他力本願な男性なのでしょう。


「外見じゃないよ」


甘いセリフに注意!「いいこと言ってる風」だけどヤバイ男の実態


「ぽっちゃりしていることがコンプレックスの私。『付き合おうよ』と言ってくれてた彼は、本当は細い子が好きみたいで。


私が自分の体型を気にしていたら『外見じゃないよ!俺、グラドルの◯◯みたいな、かなりぽっちゃりした子を好きになったこともあるよ』と言ってくれたのですが……。


調べてみたら、巨乳で顔が丸いだけで、全然ぽっちゃりじゃない!


外見じゃないと言いながら芸能人を引き合いに出したり、自分がいいこと言ってる風に思っているところとか、本当ムリ!と思いました」(26歳・女性)


「外見じゃない」「面食いじゃない」といいつつ、女子に夢見るそもそものレベルが、異常に高い男性っているものです。


自分の見た目は棚に上げて、芸能人を「ブス」「デブ」と馬鹿にすることも。


付き合ってもいないのに、不用意に人の外見や体型にコメントしたがる男性は、他の面でも無神経さを発揮するはず。


あなたが「おかしい」と思うなら、逃げるべき


これらのセリフは、前後の流れを無視して聞くと、なんとなくいいことを言っているように聞こえがち。


でも、仲良くもないのにこれを言われたら「気持ちの押し付け」「手抜き」「無神経」を疑うべき。


人に相談しても「いいね」で済まされがちですが、自分の違和感を無視しないようにしたいものです。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ