福士蒼汰主演『4分間のマリーゴールド』初回10.3%で二ケタ発進

福士蒼汰主演『4分間のマリーゴールド』初回10.3%で二ケタ発進

俳優の福士蒼汰が主演するTBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』(毎週金曜 後10:00)の第一話が11日放送され、初回平均視聴率が10.3%だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 

 同ドラマは、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる原作漫画を実写化したもの。福士演じる手を重ねた人の「死の運命」が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことと、菜々緒演じる命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。



【写真】癒やしショット…”4マリ”出演犬と戯れる福士蒼汰



 親の再婚を機に、沙羅と共にみことの義理の兄弟となった長男・廉を桐谷健太、末っ子・藍を横浜流星が演じ、主人公のみことだけ血はつながっていないが、父親が亡くなり母親も不在がちな花巻家で、助け合いながら4人は仲良く暮らしている。



 第一話で、ある日みことは、救急要請で向かった先で、自分の父の死因と同じ病状である心筋梗塞で倒れた男性の心肺蘇生を行う。思わずみことが男性と手を合わせると、無情にも亡くなる前後のビジョンが視えてしまう。運命を変えたい一心で、ビジョンと違う行動を試みるみこと。すると患者の意識が戻り、一命をとりとめたのだった。初めて死の運命を変えることができたと、興奮するみこと。しかし数週間後、救急要請で向かった先は、同じ患者のアパートで…。
カテゴリ