出川哲朗、まさかの『ベストジーニスト』受賞「リアルに驚いてます!」

出川哲朗、まさかの『ベストジーニスト』受賞「リアルに驚いてます!」

 お笑いタレントの出川哲朗が最もジーンズが似合う著名人に贈られる第36回『ベストジーニスト2019』の「協議会選出部門」を受賞し、15日、都内で行われた表彰式に出席。『好きな男・嫌いな男ランキング』の「嫌いな男部門」で殿堂入りするなど“汚れキャラ”の代表格だったが、真逆ともいえる栄冠に輝き「正直、この賞と永遠に交わることがないと思っていた。リアルに驚いてます!」と目を輝かせた。



【動画】出川哲朗、『ベストジーニスト』受賞も他受賞者との足の長さに困惑 “かわいすぎる”現役男子高校生・井手上漠も受賞



 この日の表彰式には、受賞の決め手となった、テレビ東京系『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』でのファッションで、電動バイクとともに登場。記念の盾を受け取ると「『ベストジーニスト』は、美男美女が穫るイメージですが、これで全国のユニークな顔、体型をした芸能人の皆さんに夢と希望を与えられたと思っています。ありがとうございました!」と自虐を交えつつ、喜びを爆発させた。



 同じく「協議会選出部門」に女優の長谷川京子、ダンス&ボーカルグループ・E-girlsが受賞。ステージ上で長谷川、E-girls・楓と横並びとなった出川は「ビックリするぐらい、いい匂いがする」と、終始ハイテンションだった。



 トークセッションでは「一般選出部門」にHey! Say! JUMP・中島裕翔、女優・山本美月らと共演。それぞれがジーンズ愛を語るなか、出川は「ぶっちゃけプライベートで(ジーンズを)全く履かないので、心苦しいんです。お腹が出てきちゃったから履けない…」と申し訳なさそうに告白。その後も長谷川、山本らと比べる形で「足の長さが全然、違う!」と嘆き、笑いを誘っていた。



 同アワードは、ジーンズを着る楽しさ、ジーンズの持つ意味の認知拡大を目的に1984年よりスタート。そのほか、「次世代部門」に井手上漠、石橋静河が選出。中島は“V3”を達成し、史上10人目となる殿堂入りを果たした。

カテゴリ