須賀健太「30歳に向けてたくさんの役を」 主演ドラマ放送日に25歳誕生日

須賀健太「30歳に向けてたくさんの役を」 主演ドラマ放送日に25歳誕生日

 俳優の須賀健太が15日、都内で行われたBSテレ東「真夜中ドラマ」枠『江戸前の旬 season2』(19日スタート、毎週土曜 深0:00)の完成披露記者会見に出席。ドラマ放送開始日が25歳の誕生日になる須賀は「一応アラサーになるんですよ。アラサーってすごい響きですね」と自身で驚きながら「30歳に向けて、たくさんの役をやらせていただき、渋くやっていけたら良いなと思っています」と気持ちを新たに決意表明した。



【写真】サプライズで誕生日ケーキが登場!笑顔の須賀健太



 須賀は「シーズン1が芸能生活20周年だったんです。節目にやった作品がシリーズ化して、同じ時期にシーズン2ができることだけでうれしい」と笑顔。さらに、この日は誕生日ケーキもサプライズで登場すると、キャスト陣に囲まれて満面の笑みで写真撮影にも応じた。



 本作はドラマとして初めて豊洲市場での撮影も行われ、須賀は「築地と豊洲の両方で撮影させていただき、舞台が広がってうれしいです」といい「続編が決まったときに、新幹線の中で40代くらいのサラリーマンのかたに『面白かった』と言っていただいたんです。でも、まだ(続編の)発表がされていなかったので言うことができなかったので、その方に喜びが伝わればいいなと思っています」と話した。



 今回から新しく加わった渡部豪太は冒頭のあいさつで「映画『ジョーカー』に感化されたわけではないですよ。役での衣装です」ときょうの服装に絡めて笑いをとり、これまでの役者としての“師匠”のような存在を聞かれると「作品に対する姿勢というのは、TOKIOの松岡昌宏さんに学びました」と明かした。



 銀座「柳寿司」を舞台に昨年10月から放送された前シーズンは、移転直前の築地市場でドラマ撮影を敢行し、「観ると寿司が食べたくなる」と話題を集めた。シーズン2では、父・柳葉鱒之介(渡辺裕之)の病をきっかけに、三男の旬(須賀)が本格的に店を継ぐことを決意し、父の師匠に修行を請うことに。そんなとき、家でをした次男の鮭児(渡部)が突然家に帰ってきたり、姉・真子(佐藤玲)の結婚話など、旬の成長とともに家族の物語も描かれる。
カテゴリ