生田斗真主演『俺の話は長い』宣伝映像が“世界一長い”でギネス達成

生田斗真主演『俺の話は長い』宣伝映像が“世界一長い”でギネス達成

 俳優の生田斗真が主演する日本テレビ系連続ドラマ『俺の話は長い』(毎週土曜 後10:00)の第一話(12日)放送を記念して、『最も長い宣伝広告映像(テレビ除く)』(Longest non-TV promotional advert / commercial)』に挑む28時間生配信企画が、前日の11日午後6時からYouTube日テレ公式チャンネル、および番組公式サイトで開始され、ドラマ終了後、28時間05分27秒でギネス世界記録を更新した。



■生田斗真のTV出演一覧



 同ドラマは31歳独身、職無し、実家暮らし、でも屁理屈を言わせりゃ右に出るもの無しの“ダメ男”の満(生田) の人生が、『マイホーム建て替えのため一時避難で転がり込んでくる姉家族』によって動き出すホームコメディー。約30分×2話で1時間という2本立て方式となっている。



 今回は番組内ラジオのMCとしてドラマに出演しているマシンガンズと、諸角圭壱役のハマカーン・浜谷健司、相方の神田伸一郎の4人をメインMC、ゲストに主演の生田斗真をはじめとしたドラマ出演者のほか、タイトルをもじった「俺の〇〇は長い」というエピソードをもつ芸人やアイドルなど著名人が大集合。約28時間にわたって、多種多様な『長い』トークを展開した。唯一、すべてのコーナーに出演したマシンガンズはギネス世界記録更新が確定し、公式認定証を受け取った瞬間、前代未聞の「世界一長い」番宣番組の記録達成に歓喜した。
カテゴリ