男性が女性に「ここ直したほうがいいよ」と思っていること

男性が女性に「ここ直したほうがいいよ」と思っていること

好きな人との付き合い、うまくいっていますか?


相手との距離や関係に応じて、付き合い方は変わってくるものです。


そんな中、相手のことが好きだと、「もっとこうしてほしい」といったことを、つい言わずに我慢してしまうこともあるのでは?


今回は、男性が「お前、ここ直したほうがいいよ」と、内心思っていることをピックアップ。


ぜひふたりの関係の図り方の、参考にしてみてください。



(1) LINEがフワフワしている


好きな人ができると、つい相手に甘えたくなったり、「構って欲しい」と思うことも出てくるのでは。


特に自分の性格が甘えん坊だったり、寂しがり屋だと、その傾向が強いかもしれませんね。


寂しいときに、素直に「寂しいから会いたい」と言えればいいのですが、LINEが来ないから自分からたわいもない出来事を送ったり。


はたまた、変なスタンプを送って、相手を困らせてしまう「構ってちゃん」になっていませんか?


寂しいときや会いたいときは、ヘタに紛らわすよりも、ストレートに自分の気持ちを伝えられるといいですね。


そのほうが、相手はあなたの気持ちがわかって、反応がしやすいはず。


これはLINEに限った話ではありません。きちんと自分を意思表示できる女性の方が、男性は付き合いやすく、関係も図りやすいと思います。


心当たりのある女性がいたなら、ちょっと気をつけてみてくださいね。


(2)なんでも話してきて欲しい


男性が「お前、ここ直したほうがいいよ」と思っていること


たとえば、仕事やプライベートで悩んでいる。ふたりの関係がもっとこんな風になればいいと思っている、など。


付き合っていれば恋愛に限らず、いろいろなことがありますね。


そうしたなかで、恋人の存在って頼もしく、関係がうまくいけば人生のパートナーにもなり得る存在です。


普段あまり、自分の気持ちを彼に話していないのなら、もっと甘えて頼ってみてもいいのでは……?


それこそ、仕事でこんな不満があるけど、もっとこうなっていきたい。


自分のことを話すことで、相手も共感してくれ、実りになる話が聞けるかもしれません。


ふたりの関係も同じくです。どんなに察しのいい男性も、言わないとわからないことはあります。


「もっとこうして」と思うことを伝えることで、彼なりに善処してくれるかもしれません。


付き合っているんですから、ふたりの関係はふたりの問題です。話し合うことで、解決することは多く、その積み重ねがふたりの仲を深めることも多いでしょう。


おわりに


久しぶりに恋人ができると、どうやって付き合ったらいいのか。付き合い方がわからない女性も多いのでは。


恋愛は、付き合う人が変われば、その形も変わってきます。


ぜひふたりの関係を楽しみながら、前向きに恋愛をしてくださいね。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ