火に油を注ぐ!別れを招く喧嘩中のNG発言

火に油を注ぐ!別れを招く喧嘩中のNG発言

喧嘩の最中というのはついつい心にも思っていないことがば出てしまいがち。


売り言葉に買い言葉という感じでどんどんエスカレートしていってしまい、気がついたら関係を修復できないくらい彼を傷つけてしまっていたなんてことも。


そこで今回は喧嘩中のNGワードをご紹介します。



「あなたはいつもそう!」


「彼女の話は基本的には聞いているんですけど、たまにさえぎっちゃうことがある。そうすると、『なんで最後まで私の話を聞いてくれないの?いつもそう!』ってキレられたときは、ため息がでました。たった数回のことをいつもっていうのは言い過ぎ」(Rさん・26歳男性)


男性のミスに対して「いつも」や「全部」というようにすべてを否定するのはNG。


「たまたまやってしまっただけなのに、なんでいつもって決めつけられないといけないんだ!」と火に油を注ぐことになります。


「この人は自分のことしか考えていないんだと思って別れました」というエピソードの持ち主もいました。


「私は悪くない」


「彼女がひどいことを言ってきて、それに対して怒るというシチュエーションがあったときに、『悪気があってやった訳じゃないし、だから私は悪くない』って言われると『もう無理』ってなります」(Mさん・28歳男性)


喧嘩をしている最中に「私は悪くない」と突っ張ってしまうと、それ以上の関係は進展しなくなってしまいます。


「私も/俺も悪いところがあった」と歩み寄ることも大切。


「『私は悪くない』って言われると、この人は自分の悪い部分を直そうとは思わないんだと思って別れを考えます」という意見も紹介しておきます。


「なんでそれくらいで怒るの?」


火に油を注ぐ!別れを招く喧嘩中のNG発言


「こっちが本気で怒っているのに『なんでそれくらいで怒るの?』とか言われると、もうやっていけないなって思います。この人は、俺がこんなに怒っていることを『それくらい』って言っちゃうんだって」(Kさん・27歳男性)


基本的にパートナーが怒っているということは、その人にとってとても重要な問題だということ。


それなのに、「なんで怒っているのか理解できない」という態度はパートナーの信頼を失います。


向き合ってくれない人とは長期的な付き合いはできないもの。


「沸点が低いね」というセリフや「心が狭いね」というセリフは別れを招きます。


「あなたはどうせ〇〇だもんね」


「彼女から『あなたはどうせ自分のことしか考えてないもんね』って言われたときは頭の中でブチって音がしました。喧嘩するのが嫌だから、最初から諦めて何も言わないのはそっちだろって思って別れました」(Hさん・28歳男性)


喧嘩の末に捨て台詞として言ってしまうこともあるセリフですが、言われた方は怒りが爆発する様子。


相手を見下しながら嫌みを込めて「〇〇だもんね」と決めつけるようなセリフで、喧嘩を終わらせようという意図が読み取れますが、修復できないくらいのヒビが入ってしまうことも。


喧嘩ではなく話し合いで問題の関係を!


喧嘩のときはついつい感情にまかせたセリフを言ってしまいがちです。


「もうその話はいいでしょ」と相手の訴えを無視するとうなセリフもNG。


パートナーから拒絶されたと思って、心を閉ざしてしまうこともあります。


できれば、喧嘩ではなく話し合いで問題を解決をはかりたいところ。是非参考にしてみてください。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ