A.B.C-Z戸塚祥太、ドラマ&舞台で“倉本ワールド”初挑戦

A.B.C-Z戸塚祥太、ドラマ&舞台で“倉本ワールド”初挑戦

 アイドルグループ・A.B.C-Zの戸塚祥太が、脚本家の倉本聰氏が手掛るテレビ朝日開局60周年記念 帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』(月~金 後0:30~0:50/BS朝日 月~金 前7:40~8:00)と、劇中ドラマ「道」の構想の原点となった舞台公演『屋根2020』の両方に出演することが明らかになった。倉本作品に参加するのは初となる。



【写真】ハロウィーン? やすらぎの郷のメンバー



 今年4月にスタートして以来、脚本家・菊村栄(石坂浩二)ら“テレビ人”たちが入居する老人ホーム「やすらぎの郷」の人間模様。そして、菊村が執筆をすすめる脚本を映像化した、根来しの(清野菜名)・公平(風間俊介)夫妻の一代記を綴る「道」。2つの世界が絶妙なバランスで描かれている本作。



 「道」パートは、まもなく激動の時代“昭和”が終わりを告げ、11月から“平成”に突入。橋爪功、風吹ジュンが主演のバトンを受け継ぎ、平成時代の根来家の騒動が描かれていく。



 戸塚が登場するのは、11月スタート予定の「道」平成編。根来公平(橋爪功)・しの(風吹ジュン)の孫・根来克夫役で、山梨に残った両親のもと、実家の農業を手伝い、祖父母や従兄弟たちのことも気にかける純朴でやさしい人物だ。戸塚は15歳の少年期から壮年期まで、約30年間におよぶ克夫の人生を演じていく予定。



 そして、帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』と、そこはかとなくリンクしつつも、また異なる“倉本ワールド”が展開されるのが『屋根2020』だ。「道」パートの構想の礎となった、倉本聰氏作・演出の舞台公演『屋根2020』は、北海道・富良野の山里に暮らす、明治生まれのひと組の夫婦の人生模様を軸に、大正、昭和、平成という時代の激変を描き、日本人が忘れかけているものを問いかけていく作品。戸塚は出征を嫌がり、入営前に屋根で服毒自殺を遂げた三男・三平役を演じる。



 ジャニーズ事務所に入所して今年で20周年。これまで、A.B.C-Zとしての活動のほか、舞台『熱海殺人事件』『出発』『広島に原爆を落とす日』『寝盗られ宗介』『Defiled』『BACKBEAT』、映画『恋する♡ヴァンパイア』『日本のいちばん長い日』など、数々の作品に出演してきた戸塚。初挑戦となる倉本ワールドで、さらなる新境地を切り拓くに違いない。



■戸塚祥太のコメント



――『やすらぎの刻~道』の出演オファーを受けたときの気持ちは?



【戸塚】最初は信じられずに疑いました。オファーの話を聞いたときには、どこかにカメラがあるんじゃないかと…(笑)。でも台本を手にしたときに、しっかり重みを感じたので、「これは本当なんだ!」と思って…。まさか自分がこんな大きなプロジェクトに参加できるとは思ってもいなかったですし、普遍的なテーマを描いた作品に出演できることがうれしかったです。



――克夫役を15歳から演じるにあたって考えていることは?



【戸塚】僕が演じる克夫のお母さんの設定が、僕の実年齢よりも年下で、お父さんは一つ上なんです(笑)。正直いってどうあがいても埋められない部分はあるなと思いながらも、気持ちを若く保とうと、たくさん水を飲んで体の中をきれいにしたりしました(笑)。役柄としては、いずれは自分が畑仕事を継ぐ、という長男の責任感を持ちつつ演じています。



――倉本聰氏から「純粋性に期待している」とのコメントが届いていますが、純粋さに自信は?



【戸塚】僕は1986年生まれなのですが、全世界の1986年生まれの中の“純粋さランキング”では、たぶんベストテン内に入っていると思います(笑)。僕は、自分が信じたゴールに向かうとき、心が折れたことがないので…。倉本先生の言葉を胸に、15歳の演技も頑張ります!



――『道』パートの昭和編に出演していた風間俊介さん、宮田俊哉さんからアドバイスは?



【戸塚】たまたま会う機会があって、風間くんからは「…僕の孫だよね!?」って驚かれました(笑)。“みやっち(=宮田)”にはメールで相談したら「スタッフの皆さんがいいチームなのでその中に入れば大丈夫だよ」と返事をもらいました。確かに、撮影スタッフさんからはよく「風間くんと宮田くんはこういうふうにやっていたよ」と、2人の話を聞くんです。この作品の中で、風間くんとみやっちの印象は強く残っているので、2人が築いてきたものを傷つけないように頑張りたいと思います!



――撮影で印象に残っているシーンは?



【戸塚】根来家の“孫チーム”でおじいちゃんおばあちゃんのためにある計画を立てて実行するという回があるのですが、それを撮影しているときは映画『グーニーズ』のような少年アドベンチャーを撮影しているようで、いつもとは違うテンションでした。大人にバレないように任務を遂行する展開にすごくワクワクして、子どものころ、秘密基地を作ったことを思い出しましたね。



――演じていて、倉本聰脚本ならではだな…と“倉本ワールド”を感じることは?



【戸塚】先生の脚本は、時代の流れを切り取って描いていらっしゃるなと感じます。その一方で、目を見張るほどのスピードで進化していく現代とはまた違う…太陽が昇って朝が来て、太陽が沈んで夜になって…みたいな、人間が逆らえない時間みたいなものも作品の中に流れている気がします。



――ドラマでは橋爪功さん、風吹ジュンさんなど大ベテランとも共演されますが、感想は?



【戸塚】こんなに貴重な経験はなかなかないので、お仕事なのに“ご褒美”のような感覚すらあります。橋爪さんと風吹さんと僕の3人のシーンで、橋爪さんから「もうちょっとテンポよく」とアドバイスをいただいたことがあったのですが、それを実行したら全然、シーンの仕上がりが違ったんです! そういうすごさを身をもって知ることができるし、吸収できることはすべて吸収していきたいなという思いで撮影に参加させていただいております。これからも精一杯、努めます!



――舞台では、ドラマとはまた別の“三平役”を演じますが、意気込みをお願いいたします。



【戸塚】三平はやさしさゆえに内向的でピュアな青年。個人が到底逆らうことのできない時代に自分の考えを貫いた彼は、ものすごくピュアだと思います。しっかり稽古を積んで、舞台ではそういった克夫とは違う部分も見せられたらいいなと思っています。



■倉本聰氏のコメント



――来年4月、『屋根2020』を上演するにあたり、意気込みをお願いいたします。



【倉本】『屋根』は『やすらぎの刻~道』の原作。2001年に富良野塾公演として初演いたしました。「道」の設定とはかなりちがい、北海道富良野を舞台とした根来一家の戦前、戦中、戦後史です。来年2020年版を創るに当たっては更に大巾に筆を入れ、僕の最後の集大成にしようと思っています。令和の御代に、今、更めて我々日本人の歩いた道を、思い出していただければ倖いです。



――ドラマと舞台に出演する、戸塚祥太さんに期待することは?



【倉本】舞台、テレビで共通する大役、屋根の上で、戦争を忌避して自殺する根来三平(テレビでは風間晋之介)を、今度の舞台ではジャニーズA.B.C-Zの戸塚祥太君が演じます。あの暗い戦時期の中で、あくまで純粋に人間としての生き方を貫いた三平役を、戸塚君の純粋性がどのように表現してくれるか、今からわくわく期待しています。



■富良野GROUP公演「屋根2020」



【富良野公演】

会場:富良野演劇工場

日程:2020年4月3日(金)~4月11日(土)※9回公演



【東京公演】

会場:EX シアター ROPPONGI

2020年4月17日(金)~4月26日(日)※13回公演
カテゴリ