「気持ちを抑えられない…!」男性が思わず告白したくなる瞬間4つ

「気持ちを抑えられない…!」男性が思わず告白したくなる瞬間4つ

好きな男性ができて、デートを繰り返していても、なかなか告白してくれなくてじれったく感じてしまうことってありませんか?


そんなときこそ、女性からアプローチをかけるチャンス。


男性だって告白を断られるのは嫌なもの……。


だからこそ、それを後押ししてあげればいいわけです。


ということで今回は、男性に告白したくなる瞬間を聞いてみました。



「私なんてどうですか?」


「何度もデートをしていて、そろそろ付き合いたいけど、告白する自信がない……。

そのときに、『私ってどうなんですか?』ってちょっと寂しそうに言われたときは、告白を決意しました。

というか、告白しました」(Kさん・27歳男性)


デートを何度もしている相手に、「私って女性として魅力ないですか?」と言ってみるといいかもしれません。


相手がしっかりと恋愛対象として見ていてくれるなら、何らかのアクションを起こしてくれるでしょう。


逆に、それで何もしないなら、別の男性を探した方がいいと思いますよ。


「ずっと一緒にいたいって思っちゃう」


「今の彼女との話なんですけど、出会ってすぐのとき、まだ2回しかデートしていなかったんです。

けど、『ずっと一緒にいたいって思っちゃう』って言われました。

『これはデートの回数じゃないな』って思って告白を決意しました」(Nさん・29歳男性)


「ずっと一緒にいたい」というセリフはまだ出会って間もない頃だからこそ効果的。


「自分のことを信頼してくれている」と思って、男性も告白する勇気を持てるというわけです。


「私たちって付き合ったらどんなカップルになるかな?」と質問してみるのもおすすめ。


「男性から告白して欲しい」


「自分はいい感じになった女性がいると、『向こうから告白してこないかな』って待ってしまう癖があるんです。

なので、『男性から告白して欲しい』ってはっきり言われると、やっぱり考えます」(Aさん・27歳男性)


あらかじめ「告白は男性からしてほしい」ということを伝えておくというのも手。


男性も最初からそのつもりで、デートを誘ってくれるはずです。


逆に、「自分から告白してまで付き合いたいとは思わない」という状態なら、デートの誘いがなくなってしまうので、注意が必要かも……。


「誘われている人がいる」


「男性の影を出されると焦りますね。

『他にもデートに誘われている人がいる』とか言われると、彼女を誰かに取られる前に告白しないとって思います」(Wさん・28歳男性)


男性の影をちらつかせることで、告白に焦らせるという方法もあります。


しかし、「他の男性とも連絡を取っているのか」と思われて冷めてしまうことがあるため注意が必要。


「その人からの誘いは断ってるんですけど」と一言添えておきましょう。


「好き」という言葉を使わずに男性にアピールするべし


今回は男性に告白を決意させる方法についてご紹介しました。


男性から告白してもらうには、脈ありサインを分かりやすく出してあげる必要があります。


それがないと男性も告白をためらってしまうので、どんどんアピールしていきましょう。


しかし、「好き」という言葉を使うと、男性が受け身になってしまうので注意。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ