正直怖い…束縛しすぎ男子の実態

正直怖い…束縛しすぎ男子の実態

彼氏に束縛されるのって好きですか?


ガチガチに束縛されるのは嫌だけれど、全くされないのもちょっと物足りない……という人も多いのではないでしょうか。


束縛ってちょうど良いレベルというものがあり、それを超えると恐怖すら感じてしまいますよね。


今回はそんな怖すぎ束縛男子について紹介します。



スマホを交換


「昔付き合ってた彼がとにかく人を信じない人で、ある日のデートのときにいきなり『スマホ交換しよう』って言いだしたんです。


何言ってるのか最初わからなかったんですけど、どうやら私のスマホの中身を見たいってことだったみたいで……。

やましいことはなかったので従いましたけど、別れました」(29歳/アパレル)


今や人の一番プライベートな物が詰まっているスマホ。


そんなスマホを交換してすべてを見せろというのはやりすぎでしょう。


浮気をしているかもしれないと疑った結果ならまだしも、なんでもない時に情報をさらけ出せなんて酷いですよね。


彼の好みの髪型に


「髪型について口をだされたことはありますね。

最初は『ショートの方が好きだな』くらいだったんですけど、美容院に行くっていうと『じゃあ、この髪型にしてきて』って写真送られてきたこともありました。


気に入らなかったので別の髪型にしたら『なんで言うとおりにしてくれないの?俺のコト好きじゃないの?』って。

恐怖以外の何物でもなかったです」(26歳/販売)


これはデートDVに発展しそうな雰囲気がプンプンしますね。


こういう男性って、恋人を所有物のように感じているので、自分の思い通りにいかないと怒り出したりします。


髪型にだけ特別なこだわりがあったのかもしれませんが、恐怖を感じるのももっともでしょう。


食事についてアレコレ口を出す


「大学生の頃に年上の男性と付き合ったら、食事について細かく指示をだされてびっくりしました。


確かにその頃お金がなくてバランスのとれた食事とかできてなかったですけど、一人の時に食べる物なんて普通気にしないでしょ?

ただ初めて本格的に付き合った相手でもあり、しばらく従ってました」(36歳/自営)


一緒にいるときの食事だけならまだしも、一人の時の食事にまで口を出してくるとはやりすぎですね。


彼女の健康状態を気遣ってのことかもしれませんが、病気になっているとかではないのなら、ちょっと怖いくらいの行動です。


LINE返信時間のルール


「LINEの返信時間を仕事の時は3時間以内、仕事じゃないときは1時間以内って決められたのが怖かったな。

寝ている時は仕方ないけど、ちょっと長風呂してて返信できないと電話かかってくるんです」(36歳/IT)


LINEは便利なツールですが、すぐに返信が来ないことを我慢できないという人もいます。


ある意味相手を束縛しやすいアプリと言えるかもしれません。


いつでも繋がっていたいという気持ちが強くなりすぎると、こんな強制的なルールを作りたくなってしまうのでしょうか……。


おわりに


あなたは今まで付き合った男性に束縛されすぎた経験はありますか?


恋愛は自由意志でするものなので、束縛が辛いと感じたなら無理して付き合うのは、精神衛生上も良くないかもしれませんよ。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ