駆け引きのはずが脈ナシに…好きな人に絶対にしちゃいけないこと

駆け引きのはずが脈ナシに…好きな人に絶対にしちゃいけないこと

彼の気を惹きたくて、彼に追われたくて、駆け引きしたつもりだったのに自爆した……という経験がある女子もいるのではないでしょうか?


駆け引き上手なら時には有効ですが……下手な駆け引きは仲が悪くなるだけ。むしろ、好きなら絶対にしちゃいけない駆け引きもあります。


そこで今回は、好きな人に絶対にしてはいけないことをご紹介します。



冷たく突き放す


彼に追われたくて突然冷たく突き放したことがある女子もいるはず。


場合によって(彼が浮気をした、傷つくことを言った、最低な嘘をついたなど)は有効な時もありますが、突然、たいした理由もなく冷たく突き放しても彼からしたら意味不明です。


『なに急に?』『俺、なんかした?』とイラっとしたり漠然と不安になるばかり。


急に既読スルーをしたり、電話を無視したり、特に予定はないけどデートを連続で断ったりして不安を煽る子もいるかもしれませんが、彼と仲良しでいたいのならばそれはやめましょう。


逆の立場で考えてください。『冷めたのかな?』と思いませんか? そうなれば追うどころか別れを考えたり他の子を探してしまいますよ。


腹の探り合い


遠回しな質問をしたり、カマをかけたり、相手のしぐさを読んだりして彼の気持ちや意図を探ろうとするのはよろしくないです。


彼の気持ちを考えるのは良いことなのですが、基本的に“腹の探り合い”は、相手(彼)の出方を見て、自分を有利に持っていけるように動くことです。


彼のためなら、腹の探り合いではなく、思いやりや気遣いをみせるのが当然です。


もちろん、交際後に彼が浮気をしたから証拠をつかむため! というのならまだ分かるのですが、交際前に「〇〇ちゃんは俺のことどう思う?」と聞かれているのに対して、「どうかな? 〇〇君は私のことどう思うの?」と質問に質問で返しすはっきりしない態度はNG。


振られた時のための予防線を引くような保身的な態度は不信感を煽るだけです。


交際後でも、できれば腹の探りではなく本音で語り合ったほうがいいですが、交際前の彼のことをよく知らない段階での腹の探り合いは、嫌がられることもあるのでしないほうが懸命です。


仕返し


駆け引きのはずが脈ナシに…好きな人に絶対にしちゃいけないこと


仮に彼に嫌なことをされても、『私の苦しみ思い知れ!』『同じ気持ちにさせてやる!』と仕返しはやめましょう。


仕返しをするくらいなら、どれだけ傷ついたか、どれほど悲しかったか、感情を伝えるようにしましょう。


彼もわざとあなたの嫌がることや傷つくことをしたわけではないはず。あなたがそこまで苦しむことを想像できずにしてしまっただけかもしれません。


仕返ししはじめたらキリがないですし、不仲になるだけです。


彼が他の女子とちょっと仲良さそうな写真をSNSにあげていたから、私も男友達とのツーショット写真をあげて嫉妬させる!……というのは、駆け引きではなく恋を破滅に導くようなもの。


仕返しではなく気持ちを伝えましょう。それでも理解してくれない、嫌がることをやめないというのなら距離を置いたり姿を消して反省させたらいいです。


駆け引きよりも素直さ


好きだからついつい気を惹きたくて、普段しないような駆け引きをしちゃう女子もいるはず。


でも、慣れないことって失敗することがほとんどです。


駆け引きをするよりも、素直に接した方がどれだけ可愛いか♡


相手の立場になってみると、色々なことがわかるかもしれませんよ。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ