別に好きじゃないし!たまにいる「勘違い男子」の特徴と回避法

別に好きじゃないし!たまにいる「勘違い男子」の特徴と回避法

彼氏が欲しいなと思って出会いを探している中で、“勘違い男子”に出会った経験はありませんか?


世界中の女性が自分のことを好きになると思っているような、勘違いはなはだしい男性とは、お近づきにならないのがベストです。


今回は、勘違い男子の特徴についてまとめました。もし勘違いしている人に出会ってしまったら、どのように回避すればいいのでしょうか。



ちょっと話しただけで気があると思ってくる


勘違い男子は、ちょっとしたことで“自分は好かれている”と思い込んでしまうようです。


「飲み会で隣の席になった男性が、まさに勘違い男子でした。二次会へ行こうとなったときにやたらと私のとなりをキープしようとするその人。みんなと少し距離を取るように歩くスピードをコントロールし、私の耳元で“僕のことが好きなんだったら、2人で別の店行く?”とささやいてきたんです。今思い出しても気持ち悪く、とんだ勘違い男子だなと思いました」(27歳女性/銀行員)


飲み会で未だに生息している、勘違い男子。自分のことを好きにならない女性はいないと、とんでもない勘違いをしているのです。


こういう人には、はっきりと気持ちがないことを示すのが正解。勘違いを思いっきり正してあげなければ、いつまで経っても勘違いされたままになってしまいます。


やたらと自慢ばかりしてくる


もはや自分に関係のないレベルの自慢も平気でしてしまうのが、勘違い男子の特徴です。


「私の知っている勘違い男子は、口を開けば自慢話をしてくる人です。先日聞かされた自慢は、“俺のいとこの友達の妹が、芸能界デビューしたんだ”というもの。いや、もはやそこまで行ったらただの他人でしょという間柄の人のことまで、自慢をしてきました。もう自慢話を聞くのはめんどうなので、私は感情のないトーンで“すごいねー”と言ってすぐにその場を離れるようにしています」(25歳女性/営業事務)


男性の自慢話ほど、女性ウケの悪いものはありません。聞くほうも苦痛でしかないので、できるだけその場を早く離れるのが最善の策。


予期せぬところで自慢話を聞かされてしまったときは、“だからどうしたんだ?”というテンションで適当に相槌を打っておきましょう。


初対面なのにファッションの評価をしてくる


別に好きじゃないし!たまにいる「勘違い男子」の特徴と回避法


“俺はファッションセンス抜群の男だ”的雰囲気をかもしだしている人は、ほぼ100%の確率で勘違い男子です。


「飲み会の席で初めて会った男性に、“そのトップスはトレンドのアイテムじゃないよ”と言われました。当の本人は特別おしゃれなわけでもなく、正直どちらかと言えばダサい部類。勘違い度のすごさにイラっと来た私は、“あなたが着てるのもトレンドじゃないですよね”と言い返してやりました」(27歳女性/事務員)


どの目線からものを言っているのかわからないような勘違い男子には、対等の目線に立ってビシっと言い返すのが得策。“勘違いしてますよ?”ということを、しっかりと教えてあげましょう。


勘違いな男性を見かけたらスルーするのが正解


勘違い男子は一定数存在しているので、出会いたくなくても自然とお近づきになってしまうこともあります。


勘違い男子が目の前に現れたら、まずは、できるだけ刺激をせずにスルーするのが正解。自慢したい気持ちをあおらないように、サッとかわしましょう。


ただし、場合によってははっきりと指摘する必要がある時も。相手のタイプや関係性などによって対応を見極めてみてくださいね。


(愛カツ編集部)



カテゴリ