伊藤沙莉、TVアニメ初挑戦 『映像研には手を出すな!』メインキャスト発表

伊藤沙莉、TVアニメ初挑戦 『映像研には手を出すな!』メインキャスト発表

 連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)をはじめ、ドラマや映画で活躍する女優・伊藤沙莉が、NHK総合で来年1月スタート予定のアニメ『映像研には手を出すな!』のメインキャラクターの一人、浅草みどり役でテレビアニメに初挑戦する。伊藤は「私は声優経験はまだまだ本当に浅いですが、そこに逃げないよう、浅草の不器用さや情熱も含めてしっかりと全力で命を吹き込みたいです!」と、意気込んでいる。



【写真】今回発表されたそのほかのキャスト



 同アニメは、2016年から『月刊!スピリッツ』(小学館)で連載中の大童澄瞳氏による同名漫画が原作。高校生がアニメ制作に挑む青春冒険ストーリーで、アニメ化にあたっては、『四畳半神話大系』『ピンポン THE ANIMATION』、劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などを手がけてきた湯浅政明氏が監督・シリーズ構成を担当。キャラクターデザインは『おそ松さん』などの浅野直之氏。アニメーション制作はサイエンスSARU。



 伊藤が演じるみどりは、芝浜高校に入学したアニメが大好きな1年生。好奇心旺盛で想像力豊かだが、人付き合いは苦手。「アニメは設定が命」が信条で、日常の風景をヒントにして、さまざまなアニメの設定をスケッチブックに描き貯めている。そのことを知っているのは同級生の金森さやかだけだったが、アニメ研の見学に訪れた際に水崎ツバメと意気投合。3人で映像研を立ち上げることとなる。いつか自分の考えた「最強の世界」で大冒険するのが夢。



 伊藤は「モノづくりにかける想いや、頭の中にあるものを形にしていくワクワクがなるべく原作に忠実に表現 できるように一生懸命頑張ります。アニメを作ることをアニメで魅せるということがとても楽しみです」と、話している。



 アニメは興味も知識もないがプロデューサー的な役割を担当するさやか役には田村睦心。カリスマ読者モデルとし活躍するもアニメータ―志望のツバメ役には、新人の松岡美里が抜てきされた。



 さらに今回、新たに解禁となる音響顧問になる百目鬼役に花守ゆみり、生徒会の書記を務めるさかき・ソワンデ役に小松未可子、映像研の顧問になる藤本先生役に井上和彦が発表された。
カテゴリ