映画『スター・ウォーズ』最新作、前売り券がアメリカで爆売れ

映画『スター・ウォーズ』最新作、前売り券がアメリカで爆売れ

 1977年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米で公開されてから42年。永きに渡わたり紡がれてきたスカイウォーカー家の物語の完結編となる、映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日、日米同時公開)。その前売り券が、全米で今月21日から販売され、これまで全米での前売り券の記録となっていた『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)を破り、史上最多となるセールス新記録(販売開始から1時間での比較)を樹立したことがわかった。オンライン・チケット販売業者「Atom」によると、「『アベンジャーズ/エンドゲーム』と比べ、45%増という爆発的な数字」とのことだ。



【動画】『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最後の予告篇



 全米での前売り券発売と同日(日本時間22日)に解禁された本作の最後の予告編も世界中で視聴され、3日間で1971万回も再生されるなど、注目を集めている本作。前売り券の驚異的な販売記録の注目すべきすごさのひとつは、チケット販売が正式に開始されたのが、予告編が解禁される2時間前だったという点。今作を待ちわびている全米のファンの熱狂的で純粋な意欲のみであの『アベンジャーズ/エンドゲーム』を一気に抜き去る程のセールスを叩き出したことになる。



 『アベンジャーズ/エンドゲーム』は最終的に『アバター』を上回る全世界で27億9千万ドルの興収を記録、映画史上最高の興行成績作品となった。その『アベンジャーズ/エンドゲーム』の前売りセールス記録を破った『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』には、前人未到の興行収入記録を築くのではないかという期待が更に高まっている。



 日本でも近日中に前売り券情報を発表される予定。
カテゴリ