【東京ドラマアウォード】菅田将暉『3年A組』は不退転の決意「哲学が伝わらなかったら辞めようと」

【東京ドラマアウォード】菅田将暉『3年A組』は不退転の決意「哲学が伝わらなかったら辞めようと」

 俳優の菅田将暉(26)が28日、都内で行われた『東京ドラマアウォード2019』の授賞式に出席。1月期『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ)が連続ドラマ部門グランプリを獲得したほか、菅田も主演男優賞を受賞し、笑顔で感慨を語った。



【動画】『3年A組』への想いを語った菅田将暉



 『3年A組』は高校卒業まで残りわずかとなったある日、菅田演じる主人公の教師・柊一颯が担当生徒29人を人質にとり、自殺した生徒・影山澪奈(上白石萌歌)が追い詰められた理由を明らかにするため「授業」を行っていく、謎と事件が絡み合う衝撃の学園ミステリー。



 菅田は「外側の仮面を全部はぎ取った。僕らの思う当たり前の哲学みたいなものを発信しようというだけだった」と同作への出演に込めた思いを説明。「スタッフ共々、この哲学が世の中に伝わらなかったら、もう辞めようと思っていた」と不退転の決意を持って撮影に臨んだことを振り返っていた。



 また、司会の石坂浩二から「屈指の演技派ですね」と声を掛けられると菅田は「それでマイクを向けられると、ちょっと照れます」と苦笑い。石坂から「『そうだ』と言っておいたらいい」と金言を送られていた。



 同アワードはこの1年間(2018年7月~19年6月)に放送された番組で“世界に見せたい日本のドラマ”を選出・表彰する。

カテゴリ