いい子ほど間違えてる!「与えすぎ女子」が愛されない理由とは

いい子ほど間違えてる!「与えすぎ女子」が愛されない理由とは

男性から本命扱いしてもらえない、遊び相手に見られてしまう……という女性って、すごく優しくて良いコが多いんです。


それも、ご飯をごちそうになっただけで体を許してしまう、いつも彼に便利な場所に会いにいってしまう、など相手に与えすぎるのが問題な場合が殆ど。


「与えすぎ女子」が愛されにくい理由と、対処法をまとめました。



断ったら嫌われるかも…が見抜かれがち


体の関係に限らず「お金を貸して欲しい」「商品を買って欲しい」など、他人にゴリ押しされると、雰囲気で流されてしまう女性は「断ったら嫌われるかも」「断ったら悪いかも」という気持ちが相手に伝わってしまっているのです。


だから、利用されやすくなるんですが、押しに弱い雰囲気が出ているのでガンガン押せば流されるだろう……と相手も思ってしまうんですね。


でも、本当は嫌なのにウソをついて相手に合わせている不自然さってやっぱり伝わります。


なので、相手もそれで喜ぶというよりは「嫌なら断ればよかったのに」と逆ギレしてしまうような事態にもなり、いろいろ与えているのに自分が思うようには好かれないという残念な事態になりがちです。


「役に立ったら嬉しい」の気持ちの裏にあるのは…


彼に貢いでしまう、世話をしすぎてしまう女性は「彼が喜んでくれるのが嬉しい」と言いますが、本当は「自分は尽くさないと愛されない、価値がない」と心のどこかで思っているのかもしれません。


だから、「返さないと!」「役に立たないと!」という焦りで相手に与えすぎてしまうのです。


例えば、人に会う時に手土産を持っていかないと失礼かなと思って、本当はお金がもったいないのに買わずにはいられないような習慣がある人もそうです。


こういう女性は、デートで奢ってもらったら「ごちそうになったし、断るのも悪いかな」などと考えて体を許してしまう傾向があります。


その理由は、自分に自信がないから。自分に価値があると思っている女性は、ご飯を何回ごちそうになろうが、どれだけ尽くされようが「悪いな」「申し訳ないな」なんて思いません。


簡単に手に入るものには手をかけない


残念ながら、男性からすると「申し訳ないから」と体を与えてくれる女性には「ラッキー」と感じても、それ以上の感情は持ちません。


でも、なかなか手に入らない女性にはますます狩猟本能が刺激され、「どうしても手にいれたい」となるんです。


また、付き合っていても常に気を遣ってデートのお店を「彼は忙しそうだから私が予約しておこう」「私のほうが稼いでいるからデートは多めに払おう」など、考えすぎてしまう「与えすぎ女子」は、男性が女性を攻略する楽しみや女性に男気を見せるチャンスを奪ってしまってもいるのです。


与えすぎないほうが愛されることも多い


もちろん、「私は何もしなくてもいい」と彼に一方的に尽くさせるのも良くないですが、勝手に気を遣いすぎて、そして相手が自分が期待する愛情を返してくれないと落ち込むのは「与えすぎ女子」の悪い特徴です。


試しに、「自分から連絡しない」「嫌なことは嫌という」「当日の誘いには応じない」などを意識してみてください。


きっと、男性からの扱いが全然違うものになると思いますよ。


(上岡史奈/ライター)


(愛カツ編集部)


愛され女子になるコツが知りたい!


●いつやってくる?あなたの「モテ期」診断


●気づけば彼のことばかり…恋愛に依存しちゃう女子の特徴4つ


●「私のこと好き?」返答でわかる彼の本気度


カテゴリ