西野未姫“本気のキス”にMC一同が悶絶 渡辺直美「いい加減にしてくれぇ~!」

西野未姫“本気のキス”にMC一同が悶絶 渡辺直美「いい加減にしてくれぇ~!」

“インターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~』の最終話となる第12話を、10月26日に放送した。



 同番組は、若手俳優が“キスシーン”のある恋愛ドラマの撮影をしながら“本当の恋に落ちていく”様を追いかける恋愛リアリティーショー。全12回の放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。



【写真】“恋した”西野未姫、西川俊介とラブラブキス!お姫様抱っこも



 高崎凌(以下、りょう/20歳)、西川俊介(以下、シュンスケ/25歳)、藤田富(以下、とむ/27歳)、山口大地(以下、ダイチ/31歳)、小泉遥(以下、こいはる/23歳)、後藤郁(以下、かおる/23歳)、詩島萌々(以下、もも/21歳)、西野未姫(以下、ミキ/20歳)、溝口恵(以下、めぐ/25歳)ら若手俳優の男女9人が主演の座をかけてオーディションに挑む。



 今回は、前シーズンと真逆の男性4人、女性5人の女性が1人多い男女構成となり、ペア決めでは必ず1組が男性1人、女性2人の三角関係のペアになるという“壮絶”なルール設定となっている。



 番組では、まずシュンスケがミキに告白し、見事カップルが成立。その後のシュンスケとミキの“本気のキス”に、MC陣は思わず立ち上がり大興奮。渡辺直美は「いい加減にしてくれぇ~!」と絶叫し、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は「これめっちゃうらやましい! ヤバい!」、谷まりあも「今までで一番ヤバいかも」と、一同悶絶。



 次に、とむがこいはるに告白しカップルが成立。とむとこいはるのラブラブなキスシーンに、MCメンバーは「キャーーー!」「アアアーーー!」と、またもや興奮。そして、前回の放送では、ももとめぐの2人の間で揺れていたりょうが、「ももちゃん、大好きです」と、ももに告白。ずっとりょうだけを想い続けてきたももは、「これから、いろんなところに一緒にお出かけしたいなって思います。大好きです」と、りょうの想いに応え、念願のキスシーン撮影に挑んだ。



 まだ初々しさの残る、りょうとももの“本気のキス”に、渡辺は「サイコー!」と声を上げ、紆余曲折を乗り越え、ようやく叶った2人の想いに、MC一同、拍手をおくった。それぞれの告白と最後のキスシーンを見届けた渡辺は「(今回の最終回が)過去で一番、最後キュンキュンしたかもしれない。“本気のキス”が」と、絶賛した。
カテゴリ