大泉洋を主人公にあてがきにした小説が実写映画化 共演は松岡茉優&佐藤浩市

大泉洋を主人公にあてがきにした小説が実写映画化 共演は松岡茉優&佐藤浩市

 俳優の大泉洋を主人公に想定して書き下ろしされた塩田武士氏の小説『騙し絵の牙』が、実写映画化されることが決まった。主演を務める大泉は「別の俳優さんに役を奪われなくてホッとしております」と笑顔。共演には松岡茉優と佐藤浩市を迎え入れ、公開は2020年6月予定している。



【画像】大泉洋が表紙モデルの小説『騙し絵の牙』書影



 塩田氏は累計発行部数50万部を突破し、小栗旬と星野源が初共演する映画『罪の声』(20年公開予定)の原作小説など話題作を執筆。大泉が表紙モデルに起用されている本作は、17年に初版発行されると、18年には本屋大賞にもランクインするなど世間の注目を浴びた作品。メガホンをとるのは、『桐島、部活やめるってよ』(12年)で日本アカデミー賞最優秀作品賞と最優秀監督賞を受賞した吉田大八監督。



 物語の舞台は大手出版社の「薫風社」。出版不況の中創業一族の社長が急逝すると、次期社長の座を巡って権力争いが怒る。専務・東松(佐藤)の大改革で、雑誌は次々と廃刊の危機に陥り、会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。しかし、頼りなく見える速水は裏に“牙”を秘める男で、嘘や裏切り告発なども行われる中、新人編集者でヒロイン・高野(松岡)を巻き込みながら、生き残りをかけた奇策をかけていく。



 ひょうひょうとした性格で軽妙なトーク力がありながら、裏の顔も持つ速水輝役を演じる大泉は、松岡と佐藤とのタッグに「これほど心強い共演者はいないと歓喜しております。『上司と部下』の関係ですが、一癖も二癖もある役どころなので、どんなお芝居になるか楽しみでしかありません」と笑顔。



 不本意にも速水の部下になり、振り回されながらも成長していく女性・高野恵役の松岡は「私自身、小説も漫画も雑誌も実用書も読みますが、出版業界の今を描く今作で、これからの本はどうなっていくのか、どうなっていけるのか、皆さまと模索していけたらと思っています」と読書好きならではのコメント。吉田監督とは『桐島』以来のタッグとなり「8年たっているのにとがっかりされないか、あの時より成長出来ているのか、もしかしてあの時より良くなかったりして。などなど吉田監督への想いで溢れます」と撮影に心待ちの様子。



 会社を立て直すべく、次期社長候補のライバルたちを蹴落として改革を断行する容赦のない男・東松役の佐藤は「大泉洋くんとは『こんな夜更けにバナナかよ』ではほとんど絡みはなく『清須会議』以来のお芝居になります。突っ走り続ける大泉洋を間近で観るのを楽しみに現場に行かせてもらいます」と大泉との再演を喜んでいる。



 吉田監督は同作のテーマを「負けて勝つ!」と掲げ「どうしようもなく面倒で暑苦しい人間たちの映画を作りたいと思います。初めましての大泉洋さんと佐藤浩市さん、そしてお久しぶりの松岡茉優さんとの仕事を心から楽しみにしています」とコメントを寄せた。
カテゴリ