花守ゆみり、膝負傷で『Re:ステージ!』卒業へ

花守ゆみり、膝負傷で『Re:ステージ!』卒業へ

 声優の花守ゆみりが膝蓋骨亜脱臼及び半月板損傷と診断され、『Re:ステージ!』の伊津村陽花役を11月17日に開催される『PRISM☆LIVE!3rd STAGE~Reflection~』(大宮ソニックシティ大ホール)をもって卒業することが1日、事務所の公式サイトで発表された。



【全身ショット】花柄ワンピで登場した渕上舞とチェックパンツ姿の花守ゆみり



 サイトでは「先日より膝の不調が続き、詳しく検査したところ『膝蓋骨亜脱臼及び半月板損傷』と診断されました」として「担当医師からは、当面、膝に負担がかかる可能性のあるパフォーマンスの禁止を申し渡されており『Re:ステージ!』プロジェクト様とも協議を重ね、大変残念ではございますが卒業という形をとらせて頂くこととなりました」と報告した。



 花守は陽花役を卒業するにあたり「彼女の声として紫ちゃん達と共に歩んだ時間はとても大切な宝物です。彼女がこれからもアイドルとして、もっともっと輝いて行く道を共に歩めないことは正直とても寂しく、複雑な気持ちもあります」とコメント。「しかし、彼女にはもっと輝けるステージがあり、そこに私は彼女を立たせてあげたいと思いました。どうか、これからも紫陽花を暖かく見守って頂けますと幸いです」と呼びかけている。
カテゴリ