男性が最終的に「結婚相手には選べないな」と思った女子の特徴

男性が最終的に「結婚相手には選べないな」と思った女子の特徴

どんなに長く付き合っていても、男性陣も「この子は結婚相手には選べないな」と思ったら別れざるを得ません。


まだ彼がきちんと理由を言ってくれれば、女性も次の恋愛に活かせますが、なかなか本当のことは教えてくれないもの……。


そのため彼を引きずるうえに、新しい彼氏ができてもまた同じことを繰り返してしまい、結婚にたどり着けない負のループに陥ってしまいます。


では彼らは、女性のどんなところで、結婚を躊躇してしまうのでしょうか。



1、 何をしていても不満が多い


「基本的にイライラしていた彼女。仕事から友達、店員の対応まで、常に文句の連発でした。

結婚してもこんな日々だったら、さすがに地獄すぎるなと思ったんですよね……」(28歳/販売)


不満ばかりの彼女を持つと、男性も気をつかいます。


「自分もどこかで彼女を怒らせるんじゃないか」と、ご機嫌取りばかり考えるように……。


そうするとおのずと、結婚生活も気疲れすることが予想されます。


もっと対等にいられる女性がいいな、と思うのは当然かもしれません。


2、全くオシャレに興味がない


「彼女はデートでもほぼスッピンで、服も適当な組み合わせばかりだった。

俺が『もう少し化粧したら?』とさりげなく伝えても『私そういうの嫌いなんだよね』と一蹴。


長く付き合ったけれど、結婚するなら多少でもオシャレな子がいいと思ってしまった」(31歳/金融)


異性の見た目を気にしない男性もいますが、社会に出てある程度働くと、綺麗にしている周囲の女性との関わりも出てきます。


そうするとどうしても「俺の彼女は化粧っ気もないし、洋服もいつも同じのだしなぁ……」と比べてしまうみたい……。


デートのときは、少しだけメイクやファッションを頑張るのも、彼をときめかせるには有効ですよ。


3、 度を越している


「アラサーにもなって『お金はお母さんが管理してくれている』『豚肉と鶏肉の違いがわからない』など、ビックリするような発言が多かった。

この子ヤバいかも?と思いましたね」(33歳/営業)


あまりにも度を越したビックリ発言が多いと、男性も結婚を躊躇するよう……。


たとえば料理が苦手でもいいですが「お米が炊けない」「包丁が使えない」レベルになってくると、若干引いてしまいます。


また友達が多いといっても、男性と飲み明かして朝帰り連発だと、彼女のことは好きでも結婚は見えてきませんよね。


「これじゃ結婚生活が破綻するな」と思うと、男性もおのずと別れを選んでしまいます。


おわりに


彼を置いてけぼりにして、我が道まっしぐらになってしまうと、不満を抱え込んでいた彼から、ある日別れ話をされる可能性が……。


日頃から彼の意見も聞いて、バランスのとれた交際ができると良さそうですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ