デートに誘うときは簡潔に!男性がOKしやすい誘い方

デートに誘うときは簡潔に!男性がOKしやすい誘い方

素敵な男性と出会っても、相手から必ずアプローチがあるとは限りません。


ときには自分から男性にデートのお誘いを行ったほうがいいこともあります。


しかし、断られたり、恥ずかしかったりして、どう送ればいいのかわからないという人もいるはず。


そこで今回は、男性がOKしやすい誘い方をご紹介します。



要件は簡潔に


「昔、友人の紹介で知り合った女性からのLINEが、何を言いたいのか分からなかったってことがあります。結局、何通かのやり取りのあとにデートの誘いをしたいってことが分かった。


あれはめんどくさかったです。できれば簡潔にお願いしたい」(Kさん・27歳男性)


例えば、「来週暇ですか?」というLINEなどは「何を言いたいのか先に明確にしてほしい」という意見があり不評な様子。


「暇」と答えても行きたくない要件の場合はその後に断りづらいので、「予定が入ってます」と言ってしまうこともあるそう。


なので、「来週、〇〇ていう映画観に行きませんか?一緒に行ってくれる人がいないんです」という感じで要件は明確にしつつ、フォローを入れたい場合はその後に入れるようにしましょう。


口実を上手く活用


「例えば、『スマホの機種変したいんだけど、わからないから一緒に見てくれない?その後おごるよ?』って言われると、やっぱり親切心から協力してあげたくなります」(Mさん・28歳男性)


相手の協力を得るようにお願いしてみたり、相手が見たいと言っていた映画などに誘うなど、口実を上手く使うと成功率が上がるようです。


ちなみに、「『おごるから協力して』って言われると結構行っちゃう」という意見もあり、「おごる」というキーワードは男性からのOKを誘いやすいようです。


気軽な方がOKしやすい


デートを誘うときは簡潔に!男性がOKしやすい誘い方


「前に、『知り合いからイベントのチケットをもらったんだけど人数が足りないから一緒に行かない?』って言われたことがあるんですけど、デートの誘いだったみたいなんです。そうと知っていればOKしていました」(Uさん・26歳男性)


長々とした説明ではデートのお誘いとして男性には伝わりにくいようです。


恥ずかしいかもしれませんが、ある程度男性にも分かるように伝えるのがポイント。


例えば「飲みに行きましょう」というメッセージを送るだけではなく、あえて「二人で飲みに行きましょう」と送ってみるといいでしょう。


日程を先延ばしにしない


「日程が決まらないと、どんどんめんどくさくなっていきます。なかなか決まらないとか、2ヶ月先とかだともうやる気が失われる」(Eさん・29歳男性)


例えば、「そのうちご飯に行きましょう」という感じではなく、「来週ご飯行きましょう! 何曜日なら空いていますか?」という感じで具体的に尋ねてみるといいでしょう。


この場合、空いている日にちを相手に言ってもらうように送るのがポイント。


そうすれば、デートの日程調整はより確実になります。


数回のやり取りでまとまるようなやり取りが◎


今回は男性がOKしやすい誘い方をご紹介しました。


基本的には簡潔に、かつデートであることが分かるように誘うのがポイント。


日程を決める段階でグダグダになってしまうこともあるので、数回のやり取りで予定がまとまるようにしましょう。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ