デート終わりでもすぐ会いたくなる!愛され彼女のテクニックとは

デート終わりでもすぐ会いたくなる!愛され彼女のテクニックとは

なんとなくデートの予定が決まったり、たいていデートに誘うのは自分からだったり……。


それでもいいけれど、できることなら、彼から「会いたい!」と思われて、誘ってもらいたいですよね。


今回は、そんな“愛され彼女”になれるテクニックのなかでも、デート中で使えるものをご紹介。


上手に実践できれば、きっと彼の心をつかめますよ。



会った瞬間はめちゃくちゃ嬉しそうに


「ファーストコンタクト」はとっても重要。


デートの待ち合わせ場所で、目が合ったときには、思いっきり嬉しそうに、はじけるような最高の笑顔で会いましょう。


「あ、おはよ~……」と、ボソボソとした感じだと、どうでしょうか?


「あんまり乗り気じゃない……?」と、彼も不安になってしまうのは無理はありません。


反対に、会った瞬間すごく嬉しそうだと、その日のデートが楽しいものになると確信できますし、デートが終わったあとも、会ったときの笑顔がきっと彼のなかに焼き付いているはずです。


楽しかった話をたくさんする


彼に会えば彼に話したいことが、たくさんあるはずです。


そのなかには職場での愚痴、最近悩んでいることも、あるかもしれませんよね。


落ち込んだことは、好きな人だからこそ、聞いてほしい話かもしれません。


しかし、できることなら、つらかったことよりも、楽しかった話をたくさんしてください。


彼の立場になって考えてみれば「自分と居て楽しそう・幸せそうにしてくれる人」のほうが、一緒にいたい・会いたいと思うのが当然。


愚痴を言う彼女の相手となると、傷つけないよう、よく聞いて、返事や相槌のタイミングも考え抜かないといけません。


彼からすると、しっかり聞いてあげたいけど、内心すこし面倒なものと感じられてしまうかも……。


探偵のごとく彼の話を深堀りする


「それでそれで?」「あ、わかった!○○なんじゃないのそれ!」など、彼の話を興味深く聞く姿勢も、愛され女子の特徴です。


女同士の話題では、共感しつつ、アレやコレといろいろな話を楽しくすることも多いでしょう。


でも、男性はひとつのことについて、深く議論するような会話を好む傾向にあります。


自分の得意なこと、詳しいこと、そのときの心理状態や、他の場面への適用などなど……。


彼の話を聞いて、推論して、予測して、考察する。


まるで探偵のように深く話に付き合ってあげれば、彼はもっともっと会って話したくなるはずですよ。


尊敬できる部分を伝える


男性は、自分を認めてくれる、評価してくれる人ほど、一緒にいたいと思うもの。


最愛の彼女にそうしてもらえれば、心が少し疲れたときにも、「会いたい」と思うようになります。


ぜひ、彼の尊敬できるところは、具体的に、ピンポイントで褒めてあげてください。


「○○なところがいいと思う」という、ふわっとした感じではなく、「○○してくれたとき、○○だって感じた。すごく尊敬しちゃった」と詳しく伝えると、彼にも響きやすいですよ。


おわりに


デート中に「嬉しい」「楽しい」が増えれば増えるほど、彼も「会いたい!」と思いやすいもの。


ポイントは、彼女であるあなただからそう感じられた、という事実をデート中に作ることです。


ここはひとつ、一番親しい異性だからこそ使えるデートテクを磨いていきませんか?


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ