愛されてない?デート中、男性が彼女の愛情を疑ってしまう行動

愛されてない?デート中、男性が彼女の愛情を疑ってしまう行動

男性が他の女性に目移りしてしまうとき、その理由の一つに「彼女が大事にしてくれなかったから寂しくて」を挙げる人もいます。


お付き合いが長くなると、彼への気遣いを忘れてしまい「俺って愛されてないかも」と思われてしまうこともあるかもしれません。


今回はデート中に彼女の愛情を疑ってしまった行動について聞いてみました。



「彼氏です」と紹介してもらえなかったとき


「彼女とご飯を食べていたとき、同じお店に彼女の知り合いの人がいたんです。『ちょっと挨拶してくるね』と席を離れてそのまましばらく戻ってこなくて。その後『俺のこと何か言ってなかった?』と聞いたら『あー、特に何も言ってないから聞かれてない』と言われて。


俺って彼氏として紹介したくない存在なのかなと思ってしまいました」(24歳/アパレル関係勤務)


仕事関係の人にデート中に遭遇した場合、婚約している等でなければわざわざ「彼氏です」とは言わない人もいるでしょう。


だから一概に彼をないがしろにしたとは言えませんが、放置して「俺より他の人のほうが大事なのか」と思わせてしまう行動はマズイですね。


食事中もスマホでSNSに夢中


「目の前に自分がいるのに、食事中ずっとスマホをいじっていて会話がないことが多くなってきています。


これだと結婚しても楽しくなさそうだし、俺よりスマホが大事なら別れたほうがいいかなと思うことも」(27歳/公務員)


これはドキッとした方も少なくないのでは?いつも一緒にいる彼とはそれほど目新しい話題がなくても、SNSで人の近況を見たりしていると面白い話しもあったりしてあっという間に時間が経ってしまうかもしれません。


ただ、彼はデート中に目の前でスマホをいじられると内心嫌だと思っている場合もあるので、気にすることを忘れないようにしましょう。


手を振り払われたとき


「俺って愛されてない…?」デート中、彼女の愛情を疑ってしまう行動


「先日、彼女と歩いていて手をつなごうとしたら、『恥ずかしいからやだ』と手をさっと振り払われたんです。前はそんなことなかったので『もしかして他に男が出来たのかな』と思ってしまいました」(22歳/大学生)


他にも「キスを避ける」「エッチを拒まれる」など、肌の触れ合いを避ける行動が度重なると彼から「浮気?」と思われてしまいそう。


もし、何か理由があるのであればきちんと話したほうが彼が悩んで傷つくことを避けられるでしょう。


別れたい……と思われてしまう場合も


デート中は2人の愛情を確認しえある貴重な機会。でも、その時間に「これって俺のこと嫌いなのかな?」なんて疑いの目で見始めたらデートも楽しく過ごせませんよね。


変な誤解をされないためには、ふだんからデート中はきちんと彼に向き合うことを忘れずに。


すれ違いは起きてから解消するより、そうならないように気をつけたほうがいつまでも仲良しでいられますよ。


(上岡史奈/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ