『高校ダンス部グランプリ決定戦』初代グランプリは愛知・光ヶ丘女子高校 三吉彩花が感激

『高校ダンス部グランプリ決定戦』初代グランプリは愛知・光ヶ丘女子高校 三吉彩花が感激

 『第1回 日本高校ダンス部選手権 公式選抜大会 グランプリ決定戦』が4日、横浜アリーナで開催され、愛知県の光ヶ丘女子高校が初代のグランプリに輝いた。



【写真】『第1回 日本高校ダンス部選手権』受賞校のダンス



 出場資格は直近の日本高校ダンス部選手権3大会で優秀な成績を収めた学校、またはストリートダンス協会が推薦する学校で、この日は30校が出場。2分から2分半の演技で雌雄を決した。審査員はストリートダンス協会の栗原めぐみ氏、デザイナーの山本寛斎氏、ダンサーの植木豪、KITE、竹田純、牧野アンナ、女優の三吉彩花が務めた。また、ゲストとしてUltimate Crew(ウルティメイトクルー)、BREAK FREE(ブレイクフリー)、s**t kingz(シットキングス)が登場し、盛り上げた。



 光ヶ丘女子は技術65点、表現65点、構成62点、衣装64点、音楽62点の合計318点を獲得。高い水準で点数を並べ、初代の栄冠に輝いた。準グランプリは帝塚山学院高校(大阪)、3位は大阪府立堺西高校となった。



 総評で三吉は「こんなにたくさんの人がいる会場で、踊られたんだなと思うと私には到底、想像もできない世界のこと。今回、参加された30校のみなさんは、きょうのできごとを誇りに思ってほしいなと思います。私も感動しました」と呼びかけた。



 光ヶ丘女子高校の多賀茉彩希部長(16)は「きょうまでたくさんの方に支えていただいて、ここまで来ることができた。会場で全てを出し切って、光ヶ丘らしい色を会場全体に染めることができた。本当にグランプリを取れてうれしく思います」と感慨を語った。



 準グランプリの帝塚山学院高校の森本純生キャプテン(18)は「グランプリには一歩及ばなかったんですけど、準グランプリという素晴らしい賞をいただけて光栄に思います」と気持ちを打ち明けていた。
カテゴリ