『第七回イルミネーションアワード』決定 長崎・ハウステンボスが7年連続第1位

『第七回イルミネーションアワード』決定 長崎・ハウステンボスが7年連続第1位

 全国5542人の夜景鑑賞士が選ぶ『第七回イルミネーションアワード』の授賞式が6日、都内で行われた。「総合エンタテインメント部門」では、長崎・ハウステンボス「光の王国」が7年連続で第1位。「イルミネーション部門」を栃木・あしかがフラワーパークが4年連続で第1位を獲得。「プロフェッショナルパフォーマンス部門」では、三重・なばなの里イルミネーションが3年連続で第1位に輝いた。



【写真】”プロフェッショナルパフォーマンス部門”で受賞したなばなの里イルミネーション



 夜景観光コンベンション・ビューローが主催する同アワード。夜景鑑定士が、「実際に行ってみてよかった前シーズンの冬季イルミネーション」という項目で国内の施設を対象にアンケートを実施し、獲得ポイントによって各部門のランキングを決定した。



 総合エンタテインメント部門・イルミネーション部門・プロフェッショナルパフォーマンス部門の3つに加え、特別賞として「YCNB特別賞」を発表。アワードのプレゼンターとして歌手のBeverlyが登場し、「2019-2020 イルミネーションアンバサダー」応援大使に任命された。



 総合エンタテインメント部門で1位に輝いた『ハウステンボス』の代表者は「今年10月5日より始まった『光の王国』のコンセプトは白銀の世界。(パンフレットなどと)そん色ございませんので、東京から遊びに来ていただけたらと思います」とこれからイルミネーションシーズンが本格化することもあり来場を呼びかけた。



■各部門の受賞結果(3位まで)は以下の通り

(※特別賞以外、全20位は公式サイトにて公開中)



【総合エンタテインメント部門】

(※映像やアトラクション施設などの組み合わせ傾向が強いイルミネーション)

第1位 ハウステンボス 「光の王国」/長崎県佐世保市(7年連続単独1位)

第2位 東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション/千葉県袖ヶ浦市(前年5位)

第3位 伊豆ぐらんぱる公園 グランイルミ/静岡県伊東市※部門移動



【イルミネーション部門】

(※LEDストリングス、ネットライトなどをメインに使い演出展開するイルミネーション)

第1位 あしかがフラワーパーク 「光の花の庭」/栃木県足利市(4年連続1位)

第2位 江の島「湘南の宝石」

第3位 神戸ルミナリエ/兵庫県神戸市(前年14位)



【プロフェッショナルパフォーマンス部門】

(※専門性、技術性の高い光の演出が評価の対象となるイルミネーション)

第1位 なばなの里 イルミネーション/三重県桑名市(3年連続1位)

第2位 さがみ湖イルミリオン/神奈川県相模原市 ※部門移動

第3位 よみうりランド ジュエルイルミネーション/東京都稲城市 ※部門移動



【特別賞】

YCNB特別賞:東南植物楽園/沖縄県沖縄市
カテゴリ