松本慎也、舞台『オーフェン』見どころは「3人の女性に振り回されるオーフェン」

松本慎也、舞台『オーフェン』見どころは「3人の女性に振り回されるオーフェン」

 俳優の松本慎也が7日、東京・六行会ホールで行われた舞台『魔術士オーフェンはぐれ旅-牙の塔編-』の公開ゲネプロ&囲み取材に出席。主人公・オーフェン役としての見どころは「クリーオウ、アザリー、ティッシという3人の女性に振り回されるオーフェンをみていただきたい」と呼びかけた。



【写真】キャスト集合!舞台衣装で登壇した松本慎也ら



 同作は、1994年から2003年にかけて計33冊、累計1200万部を突破している人気ライトノベルが原作。2度のアニメ化をはじめ、CD、ゲーム、コミカライズなどさまざまなメディアミックスが展開されており、舞台化は25周年を記念して企画されたもの。



 今年8月に第1弾公演を成功させており、今回の第2弾公演について「前回よりもスケールアップした作品を届けることを確信しております」と意気込み「殺陣あり魔術あり笑いありと、性別年齢問わず誰もが観ても楽しめる上質な方にエンターテインメント作品になっていると思います」と伝えた。



 この日は、天音みほ、奥井那我人、西尾来人、中村悠希、花奈澪、末野卓磨も登壇。きょう7日から12日まで東京・六行会ホールで上演される。
カテゴリ