ポイントは、ほんの些細なこと。男性が尽くしたくなる彼女とは?

ポイントは、ほんの些細なこと。男性が尽くしたくなる彼女とは?

男性にとって、尽くしたくなる彼女とはどんな彼女なのでしょう?


もし、ついつい尽くしたくなる彼女になることができれば、彼にどうすれば愛されるか?と不安になることも少なくなります。また、付き合いを長続きさせられそうですよね。


紐解いてみると、尽くしたくなるポイントはほんの些細なこと。あなたも、尽くしたくなる彼女を目指しませんか?



彼の事情を考えた感謝をする


たとえば、彼からなにかをしてもらったとき。


「忙しいのにありがとう」や「○○まで考えてくれてありがとう」など、彼の事情も考慮にいれて感謝のコメントが言えれば、彼ももっと何かしてあげたいと思うもの。


彼氏にとってみれば「彼女が喜んでくれるなら」と、その一心でしてあげたことかもしれません。


でも、自分の事情まで察して考えてくれる彼女であれば、与えた分だけもっと愛してくれるという確信が持てるもの。


“相手を思いやる意識”を持てば、それだけでかける言葉が変わってくるはずです。


プレゼント1つで長期間ゴキゲン


たとえば、コンビニのお菓子をなにか1つ買ってあげただけでも、その日1日楽しそうにちょっとした小物でも、1週間や半月くらいは「○○もらったから♪」とご機嫌。


そんな彼女なら、プレゼントのしがいがあるというものです。


彼女の幸せそうな笑顔を見れたり、一緒に楽しく過ごせたりするのなら、もっとなにかしてあげたい。


もっと幸せな顔になってほしいと思うのが男心。プレゼントをもらったときの気持ちを、何度も思い出す習慣があるといいかもしれません。


愚痴や相談のあとはしっかり頑張る



ときには、仕事で愚痴を聞いてもらったり、この先どうしたらいいかという不安な気持ちで相談したりということもあるかもしれません。


でも、一度話を聞いてもらったなら、そのあとはしっかりがんばる。そんな彼女であれば、彼はぜひとも支えてあげたいと思うはずです。


たとえ、自分の時間や体力を犠牲にすることがあったとしても、一度話を聞いて、自分が元気づけたことで頑張ってくれるなら、できることはしてあげたくなるもの。


愚痴や相談をしたら、今度はしっかり頑張る姿を見せてあげてください。


どんなときにも品と気遣いがある


たとえば、ゆっくり優しい動作を心掛けること。露出は控えめで、年齢に合ったおしゃれを楽しむこと。


こんなことを意識すれば、上品さを感じさせることができるかもしれません。


また、並んでいるときや狭い道を歩くときには、小さな子どもやお年寄り、ハンデのある人に優しく接しましょう。


Hのときはしっかり彼を見つめて、ひとつひとつの行為に愛情を込めて反応することで、彼からもっと愛情を伝えてもらえるかもしれません。


こういった感じで外見、内面ともに美しい彼女であれば、彼はその姿を大切にしたいと思い、もっともっと尽くしたくなるはずです。


おわりに


コミュニケーションやデート中のふるまいで「ああ、彼女でいてくれてよかった」「ずっと俺の彼女でいてほしい」と感じさせることができれば、彼が尽くしたくなる彼女になることも夢ではないはず。


ちょっとした小さな思いやりを積み重ねて、大切にされる彼女を目指してみませんか?


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ