勝間和代さん、女性パートナーとの関係解消「もらった勇気を胸に、先に進みたい」

勝間和代さん、女性パートナーとの関係解消「もらった勇気を胸に、先に進みたい」

 経済評論家でコメンテーターの勝間和代さん(50)が11日、自身のブログを更新。交際中だった女性・増原裕子さんとのパートナーシップを解消したと報告した。



勝間和代のプロフィール



 「悲しいお知らせです」と切り出した勝間氏は、「11月6日の夜、ひろこさんから好きな人が他にできたので、その人と付き合いたいので、私とのパートナーシップを解消したいという申し出を受け、悩みましたが、修復は不可能と考え、その申し出を受諾することにしました」と報告。「本当に悲しいです。まだ、ひろこさんが家を出て数日ですが、別れを思うと、いつでも涙が出てきて止まりません」と本音を明かした。



 別れに至るまでについては「ひろこさんが、選挙に出馬を決意した昨年の秋以降から、場所や時間的なすれ違いが大きくなってきました。それでも、私は一生を共にすると約束した相手なので、できる限りのサポートをしたいと考え、京都へ滞在や選挙活動の支援などを行ってきました」とし、「しかし、東京に戻ってからも、私とすれ違った気持ちは戻ることはありませんでした。そして、言葉と態度の両方に違和感を覚えていた数ヶ月後、上記のような申し出がありました」と説明した。



 「ひろこさんとのお付き合いをきっかけとして、私がLGBTであるというカミングアウトも行い、人生の重荷の一つが取れたことにはとても感謝しています」とお礼を述べ、その上で、「私はひろこさんと新しい方の幸せを願うほどはまだ気持ちが整理しきれていないので、ここでそうは書けません。それでも、私もひろこさんにもらった勇気を胸に、先に進みたいと思います」と前を向こうとしている。



 勝間氏は昨年5月にブログを通じて増原さんとの交際を告白していた。
カテゴリ