男性が「俺がいないとだめだな…!」と感じた彼女のギャップ

男性が「俺がいないとだめだな…!」と感じた彼女のギャップ

「俺がいないとだめだな…!」と感じたことのある男性たち、意外と「そこなの?」という場面で「守ってあげたい」と感じているようです。


外見が「か弱い」とか「守ってあげたい」というタイプではないあなたにこそ、ぜひ試してほしい今回のテク。


男性が「俺がいないと」と思う理由も合わせて解説していきます。



弱いところをあえて見せる


「いつも淡々とクールな彼女が、映画を見て泣き、恥ずかしそうに拭いていた。『こいつ人前では泣けないんだ……』と思うと、彼女の『泣き場所』になってあげたいと思いました」(26歳 / 販売)


「いつもは色気もないくらい明るい彼女が、雷を見て、子犬のような目でこっちを見たとき。『雷のときには傍にいてやらなきゃ』と思いました……。意外なギャップはズルいです」(21歳 / 学生)


泣き顔・虫に弱い・機械に弱い・雷が苦手など、普段しっかりしている人にこそ、自分の弱みを見せてみてほしい……!


その希少性(レア感)が、彼の「守りたい欲」を刺激するようです。


適度に頼る・甘える


「二人きりのときだけ、彼女は甘えん坊になります。『もっとくっついて』『肩揉んで』とか言われるとうれしい。いつもは『自分のことは自分で!』って感じの彼女なので、そのギャップにキュンとしちゃいます」(27歳 / 不動産)


「俺が好きな『車関係』のことだけは『お願いできる?』と任せてくれる。調べれば彼女ならできるのかもしれないけど、『俺がやってやる!』って気持ちになる」(25歳 / 整備士)


なんでも自分でやってしまうと、「俺はいらないのかな……」と男性に思わせてしまうようです。


自分でできることでも彼のほうが得意なら強がらずに任せたり、頼ったりすることを意識してみてはかがでしょう?


「安心できる場所」と伝える


安心できる場所


「明るくて優しい彼女は友達も多くて、『なんで俺を彼氏にしたんだろう……』と疑問でしたが、『〇〇君といるときだけホッとする』と言われて、一気に自信が持てました」(20歳 / 学生)


「彼女とは幼馴染みで、俺から見るといつも『完璧な人』。でも、『素でいても嫌いにならないでくれるのは〇〇君だけ』と言ってくれる。俺がいないと安心して過ごせる時間がないんだなって思います」(29歳 / 経理)


弱みを見せたり、頼ったりすることが難しければこれだけでもOK。


彼があなたにとって「特別な存在」「ほかとはちがう存在」と伝えてみてください。


きっと彼も、「俺がそばにいる意味」を感じ取ってくれるはずです。


おわりに


人は「ギャップ」にこそ魅力を感じます。普段から「守ってあげたい」タイプに見える子の場合、弱みや弱点は「魅力」にはなりません。


「弱み」を魅力に変えられるのは、普段しっかりしているあなたの特権。ぜひ試してみてください。


(矢島 みさえ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ